ニュース

SPEEDのトリビュート・アルバムに氣志團、倖田來未、Dream Ami、中島美嘉、LiSAが参加

SPEED   2021/09/21 13:25掲載
はてなブックマークに追加
SPEEDのトリビュート・アルバムに氣志團、倖田來未、Dream Ami、中島美嘉、LiSAが参加
 1996年8月5日にシングル「Body & Soul」でデビューし、その後数々のヒット曲を世に送り出し平成の音楽史を彩ったグループ“SPEED”。

 今年、デビューより25周年を迎え、グループ初となるトリビュート・アルバム『SPEED SPIRITS』を11月11日(木)にリリースすることと、その参加アーティスト第1弾がデビュー日の8月5日に発表されていましたが、今回、参加アーティスト第2弾として、新たに氣志團倖田來未Dream Ami中島美嘉LiSAの5組のアーティストが追加され、全12組の参加アーティストが明らかになりました。

 それぞれの歌唱楽曲は後日案内されるとのこと。遂に参加アーティストの全貌が見えた期待のトリビュート・アルバムですが、一体誰がどの曲を歌唱するのか、そしてどんなアルバム作品になるのか期待が更に膨らみます。

[コメント]
We’re living in a hard place(Go! Go! Heavenの歌詞の一節)から一直線に混じり気のない空へと手を伸ばしていたデビュー当時の彼女達の未来は、全く想像をもし得なかったコロナ禍の現実の中にある。
あの頃のSPEEDは4x1。4人で一つ。リトルワールドで結ばれた強い絆。
今は1x4。25年後、遠い別々の地平に立っていても心はいつも繋がっている。

2021年の今年、SPEEDを聴いてきてくれた沢山のアーティストの方々のこれまでの人生のフィルターを通して、SPEED楽曲が一枚のトリビュートアルバムとなります。
4人が全力で駆け抜けたあの1335DAYSを軸とする軌跡が、こうした形で今年蘇るということは、正に彼女達から発せられた“SPEED SPIRITS”をお一人お一人が受け取ってくれて、そしてここに一つに結ばれたのだと思います。
参加して頂き本当に心から感謝いたします。

発売日の11月11日は、1995年のその日、4人が初めてテレビに出演した幕開けともいうべき記念の日です。僕はその翌年初めてこの日のパフォーマンスをビデオで見て、SPEEDの可能性を強烈に浴びてデビュー曲のコンセプトが固まった大事な日でもあります。

現在、どの楽曲も新たなオケとヴォイスが刻み込まれている最中ですが、アーティストの方々と楽曲とのマッチングも聴きどころの一つとなるでしょう。
例えば、そのデビュー曲“Body & Soul”や“STEADY”、それに“my graduation”などに加えて、隠れたアルバム楽曲も収録されています。
そして当時、寛子と絵理子がまだ13歳の時にレコーディングした“White Love”が、どのように蘇るかなども楽しみにしていてください。

一人でも多くの方に、このトリビュートアルバム“SPEED SPIRITS”が皆様の手元に届いてもらえれば、ご参加して頂いたアーティストの方々からのお気持ちも含め、とても嬉しく思います。

――SPEEDプロデューサー 伊秩弘将/span>

■2021年11月11日(木)発売
SPEED
『SPEED 25th Anniversary TRIBUTE ALBUM “SPEED SPIRITS”』

CD AVCD-98079 3,080円(税込)
avex.lnk.to/SPEEDSPIRITS_CD

各オンラインショッピングサイト
avex.lnk.to/SPEEDSPIRITS_CD

Instagram
www.instagram.com/speed_25thanniversary/?hl=ja

Twitter
twitter.com/25thSpeed
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015