ニュース

トム・ウェイツ7年ぶりのアルバム『バッド・アズ・ミー』のフル試聴がスタート!

トム・ウェイツ   2011/10/19 15:34掲載
はてなブックマークに追加
トム・ウェイツ7年ぶりのアルバム『バッド・アズ・ミー』のフル試聴がスタート!
 来週10月26日に発売となる、孤高の音楽詩人トム・ウェイツ(Tom Waits)の7年ぶりのオリジナル・アルバム『バッド・アズ・ミー』(EICP-1501 税込み2,520円)のフル試聴が、公式サイト(badasme.com)でスタートしました。

 試聴方法は、サイトに自分の名前とメール・アドレスを入力し、そのメルアドに届けられるコードを上記サイトに入れ込むだけ。

 『バッド・アズ・ミー』は、ホーンで勢いづき一気に炸裂するオープニング・ナンバー「シカゴ」から、ウェイツのキャリア初期のバラード・スタイルを思い起こさせる酒場で歌うコラール(讃美歌)のようなエンディング曲「ニュー・イヤーズ・イヴ」まで、トム・ウェイツのソングライティングにおけるキャリアを余すところなく見せつけており、その幅広さは「最後の一葉」のような美しいバラードから、前線に派遣された部隊を思わせる「ヘル・ブロウク・ルース」の前衛映画風の情景までと多彩な内容。

 また、盟友キース・リチャーズローリング・ストーンズ)の20年ぶりのゲスト参加(M-1、10、11、12)や、レッチリフリー(b)の初参加(M-2、12)も話題を呼んでいます。

 7年ぶりのニュー・アルバムとはいえ、その7年前のアルバム『リアル・ゴーン』があえてピアノを封印した実験作だったことを考えると、ウェイツらしい純粋なアルバムとしてはグラミー受賞作となる『ミュール・ヴァリエイションズ』以来、なんと12年ぶり! 気になった方はさっそく試聴してみては?


※11月26日発売
トム・ウェイツ
『バッド・アズ・ミー』
(EICP-1501 税込み2,520円)
01.シカゴ
02.レイズド・ライト・メン
03.トーキング・アット・ザ・セイム・タイム
04.ゲット・ロスト
05.フェイス・トゥ・ザ・ハイウェイ
06.ペイ・ミー
07.バック・イン・ザ・クラウド
08.バッド・アズ・ミー
09.キス・ミー
10.サティスファイド
11.ラスト・リーフ
12.ヘル・ブロウク・ルース
13.ニュー・イヤーズ・イヴ
14.アフター・ユー・ダイ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015