ニュース

トータス、5年ぶりのオリジナル・アルバムを発表

トータス(Tortoise)   2009/04/08 16:05掲載
はてなブックマークに追加
 ポスト・ロック・シーンを牽引してきたシカゴの人気インスト・バンド、トータス(Tortoise)が久々となるニュー・アルバムを発表! ここ数年、ボニー・プリンス・ビリーとの共演作やボックス・セットのリリースなどはありましたが、トータス単独でのオリジナル・アルバム発表は『イッツ・オール・アラウンド・ユー』(2004年/写真)以来、約5年ぶり。アルバム・タイトルは『Beacons of Ancestorship』で、米Thrill Jockeyより米国にて6月23日に発売される予定。

 アルバムは全11曲入りで、レコーディングは2008年夏から2009年初頭にかけ、ジョン・マッケンタイア保有のスタジオにて行なわれたとのこと。なんでもシンセの音を何重にも重ね合わせたり、型破りなドラム/パーカッション演奏をフィーチャーしたりと、これまで以上にバラエティ豊かな作品に仕上がっているようです。

 リアルなジャズの種と現代前線ポップの佇まいを巧みに掛け合わせるトータス、新作でもその音世界を堪能いたしましょう!


『Beacons of Ancestorship』

01. High Class Slim Came Floatin' In
02. Prepare Your Coffin
03. Northern Something
04. Gigantes
05. Penumbra
06. Yinxianghechengqi
07. The Fall of Seven Diamonds Plus One
08. Minors
09. Monument Six One Thousand
10. de Chelly
11. Charteroak Foundation
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015