ニュース

つじあやの、10周年記念ライヴ・ツアーがうららかに終了!

つじあやの   2009/12/10 14:46掲載
はてなブックマークに追加
つじあやの、10周年記念ライヴ・ツアーがうららかに終了!
 今年9月にデビュー10周年を迎えたつじあやの。これを記念するライヴ・ツアー〈LIVE つじギフト 〜10年目のおくりもの〜〉を12月3日(金)東京キネマクラブ、12月15日(土)大阪umeda AKASOにて行ないました! 10周年らしく、デビュー当時の楽曲から未発表曲まで、Wアンコール含む計21曲を披露するスペシャルな内容に!

 印象的な緑のブローチがついた白のワンピースにブーツ姿のつじあやのがステージに登場、彼女には珍しいフル・バンド編成での「春は遠き夢の果てに」から静かにライヴはスタート。「こんばんは、つじあやのです。今日は楽しんでいってください」と挨拶したあとは、デビュー曲「クローバー」をはじめとしたシングル楽曲を続けて演奏。

 途中、ちょっと休憩を挟んで弾き語りコーナーへ。ここでは“別れの歌はあまり作らない”という彼女には珍しい未発表の失恋ソングを披露したり、これまた「未発表だけど、メロディーが思い出せないので歌詞だけ言います」と「ローマの休日(仮)」という曲のポエトリー・リーディングがはじまったりと、ファンにはたまらない構成に。

 その後はバンド編成に戻り、代表曲の「風になる」や、ライヴでは定番にもなってきているカヴァー曲「黄金の月」「パレード」「戦場のメリークリスマス」などを続々と披露。本編ラストは「虹」。陽だまりのような明かりに照らされた彼女の姿がとても印象的。アンコール3曲に続いて、珍しくWアンコール! ラストはデビュー前に自主制作したデモテープに収録されていた「悲しみの風」を弾き語りで演奏し、ライヴは終了。MCでは何度も「ありがとう」という言葉を口にした彼女。見る人を、聴く人を、そっと優しく包み込むような歌声が、会場をも包み込んだ温かいライヴとなりました!

ライヴ中のMCでは、来年春につじあやのモデルのウクレレを発売することも発表(!)、こちらも楽しみに待ちましょう!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015