ニュース

バトルスとして来日も決定! タイヨンダイ・ブラクストンにビョークも夢中!

タイヨンダイ・ブラクストン   2009/09/17 21:08掲載
はてなブックマークに追加
バトルスとして来日も決定! タイヨンダイ・ブラクストンにビョークも夢中!
 世界で最も革新的なレーベルであり、最も象徴的なクリエイティヴ集団“ワープ”の20周年を祝して、“エレクトラグライド”が4年ぶりに復活! Chris Cunningham!!!ClarkFlying LotusAndrew WeatherallHudson MohawkeとともにBattlesとして〈electraglide presents Warp20 (Tokyo)〉への出演が決定しているタイヨンダイ・ブラクストン(Tyondai Braxton)。今月9月2日(水)にリリースしたニュー・アルバム『セントラル・マーケット』が、オリコン初登場“洋邦総合チャート”84位、“洋楽総合チャート”23位にチャート・インしました!

 日本ではすでに話題騒然となっている本作ですが、海外においても各所で大絶賛! ユニークで斬新なアヴァン・ポップ・サウンドが世界レベルで大きなうねりを生み始めています! そしてなんとあのビョークが、彼女らしく美しいコメントを発表しています!

〈ビョークのコメント〉
 「タイヨンダイと私は、“声(ヴォイス)”に関して、インストゥルメンタル的な視点を共有しているわ。私たちは歌わないタイプのシンガーなの。2人とも聴いている音楽の90%以上がインストゥルメンタルだし、彼と音楽のテイストを交換し合うのは楽しいわ。だからこの作品『Central Market』はずっと楽しみにしていたのよ。

 この作品で彼があまり歌っていないというだけでなく、歌うときには、歌詞にリードされる形の従来のシンガー・ソングライターの手法に縛られずに、声を楽器のようにして扱っている。むしろ、オーケストラによる完成されたストーリーテリングに、自らを深く浸透させているわ。このことはあまりコメントされていないようだけど。

 まるで映画自体が存在しない映画音楽のよう。だからこそ、彼ら(ジャーナリスト)はこの作品をどう形容していいか分からないのよ。これは映画音楽?彼はシンガー?これはインディー?現代音楽?シリアスなスラップスティック・コメディ?ティー・タイムに聴くための、ポスト・インディー・オーケストラル・プログレッシヴ・ミュージック?とかね。

 この作品を聴いて、最高に楽しめている部分の一つは、これがカテゴライズ不能な作品ってことね。それにそれぞれの楽曲がとても違っている。でもこの作品が、素晴らしいバイシクル・ミュージックだってことを保証するわ。異なる壮大なセクションがたくさん存在していて、いろいろな道や風景を自転車で走るのに理想的なの。2009年の秋の風景がこの音楽に映像を与えてくれるということね。

 タイヨンダイの作品は、素晴らしい野望と細部にまでこだわったハードワークが生み出す音楽よ。それは20世紀の音楽のマッシュアップであり、さらに勇気を持って“未知”への一歩を踏み出しているの」



さらにFour Tet
 「ドキっとする作品だね。素晴らしいサウンドとアイディアの詰まった壮大な映画的音楽。これほどまでにカズーのサウンドを楽しんだことは何年も記憶にないよ。」
とコメント。

そしてDirty ProjectorsのDave Longstrethは下記のようにタイヨンダイを絶賛!
 「多くのアーティストがスタイルに対してそれぞれのアイディアを持ち、世の中の嗜好が10年単位で更新されていく状態に達した時代において、ブラクストンは、よりタフで、より楽しい何かを示してくれた。彼は彼が好きな形と色の組み合わせのみから、自身のスタイルを作り上げている。

 僕は彼の才能をガーシュインのそれと比較する――融合することによって、アートとポップ・ミュージックを矯正している――ただし、“ポップは何か”、“アートは何か”、 “なぜその2つは違うのか”、もしくは“そもそもなぜその2つは分かれてしまったのか”という感覚が、まったくはっきりしていないところから彼は始めているから、それは違うね。

 そこから生まれたのは、ストラヴィンスキーブラック・ダイスメシアンとイーノ、ライヒ、ヒンデミット、そしてレズナーの特異な融合物。だけど、タイヨンダイ・ブラクストンの音楽はやはり一番彼らしい」


 多くの音楽ファンはもちろん、あふれる才能を持ったミュージシャンまで魅了しているタイヨンダイ・ブラクストン。もしまだ彼のニュー・アルバムをチェックしていない方は、今すぐにレコード店へ!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015