ニュース

ジェンガとトークをコラボした新番組『ジェンガでナイト!』がスタート、ジェンガールを直撃

鷲崎健   2014/04/17 17:00掲載
はてなブックマークに追加
ジェンガとトークをコラボした新番組『ジェンガでナイト!』がスタート、ジェンガールを直撃
 春の新番組が各局からオンエアされる中、文化放送のインターネット・ラジオ「超!A&G+」では4月11日(金)より、世代を問わず支持されているゲーム“ジェンガ”とトークをコラボした新番組『ジェンガでナイト!』(www.joqr.co.jp/jenga 毎週金曜日 21:30〜22:00)がスタート。パーソナリティは、ミスターA&Gこと鷲崎 健と、ジェンガール2014の岡村明奈、桜子、竹田 愛、森脇亜紗紀。

 日本では「タカラトミーマーケティング」が販売するジェンガは、1983年にイギリスで発売されて以来、シンプルなルールと抜群のドキドキ感で世界中で愛され続けているバランス・ゲームの金字塔。『ジェンガでナイト!』は、昨年、30周年を迎えさらなる注目を集めているジェンガをしながらトークを繰り広げるというまったく新しい試み! 果たしてどんな番組になるのか、初回放送日の11日に文化放送へお邪魔し、パーソナリティの5人を直撃。

 『ジェンガでナイト!』は2回目以降、1stアルバム『TRYANGLE』を3月26日(水)にリリースしたALTIMAの3人をはじめ、ゲストを招いて放送。「超!A&G+」で数々の番組を担当してきた鷲崎は、「ジェンガという新しい要素を入れてどのようにゲストを迎えていくのか、ジェンガという要素を入れながらどのようなトークが展開されていくのか、とても楽しみです」と、早くも興奮気味。ジェンガールの4人の個性も「徐々に見えてくるのでは」と、こちらにも期待している様子。

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます

 ジェンガールの4人は、いずれもジェンガの達人たち! 番組では、ゲストとの対決に使用したジェンガが毎週抽選で1名のリスナーにプレゼントされる嬉しい特典もあり、ジェンガールの4人のミニ・コーナーも用意されています。

 昨年に続きジェンガール2年目となる岡村は、「ジェンガには人それぞれの戦い方があり、対決すると、その人の性格が表れます。集中力も試されますので、ゲストと私たちジェンガールのジェンガ対決では、“ジェンガって、こんなに奥が深いんだな”と思っていただけたら嬉しいです」。また、「今までこれといったチャームポイントは無かったのですが、鷲崎さんから、笑うと目が細くなって三日月になり、それがカワイイと言われました! ジェンガでブロックを抜いた瞬間、目が三日月になることがありますので、そこにも注目してください!」とのこと。

 ジェンガ対決では、「もちろん、ゲストの方には負けません!」と宣言する桜子もジェンガールは2年目。「ジェンガをしながらトークをするという今までに無い番組になっています。私たちもあたふたするかもしれませんが、それも面白いなと思います」。「いつも笑顔を大切にしています。視聴者の方がお腹から笑っていただけるような番組にしたいので、テンションの高いところを見ていただきたいです」と、番組にかける思いを語りました。

 一方、ジェンガの腕前を磨き初のジェンガールとなった竹田は、「ジェンガは小さいころにみんな遊んでいますので、子どものころにやったゲームというイメージが強いかもしれません。でも、大人になってジェンガをやってみると、奥の深さがわかって、より楽しくなります。誰でも手軽にできますので、大人数で集まってジェンガをやるとさらに盛り上がります」と、ジェンガの魅力を紹介。

 4人の中では最年少で、ジェンガ修行中の森脇は、『ジェンガでナイト!』が初のレギュラー番組。「リスナーの方が見ているときにジェンガがやりたくなって仕方がなくなってしまうくらい、ジェンガの魅力をお伝えしていきたいです。同時に、番組の中で私たちの個性やキャラクターを出していけたらと思います。ゲストさんを迎える2回目以降も新しい展開をしていきますので、ぜひ、注目してください!」とメッセージ。

 「毎週、『ジェンガでナイト!』を見ないと1週間が終わらないというくらい、楽しい番組にしていきます!」(岡村)、「いつか、リスナーの方といっしょにジェンガをしたいなと思います」(桜子)と意気込む、ジェンガとトークのコラボでおくる新しい番組『ジェンガでナイト!』。どんな展開を見せていくのか注目です!

文化放送「超!A&G+」にて毎週金曜日21:30〜22:00放送
『ジェンガでナイト!』

[ミニ・コーナー]

岡村明奈「あっきーさんぽ」
散歩が好きなので、散歩をしているときに不思議に思ったことや発見したことがあったら、歴史を調べたりしてレポートして行きたいと思います。(岡村)

桜子「桜子の恋倶楽部」
ガールズトークが好きです。日常のありふれたお話や、リスナーさんからいただいたメール、恋の相談についてお話したいと思います。リスナーさんといっしょに作って行きたいので、部員を大募集しています!(桜子)

竹田 愛「竹田相談所」
身近な疑問を募集して、私が法律的な知識を交えながら竹田的見解で解説しようというコーナーです。雑学や知っていると得をする知識はたくさんありますので、そういったことも紹介していけたらと思います。(竹田)

森脇亜紗紀「あさきのTOKYOクエスチョン」
地元が名古屋で上京してまだ半年なのですが、東京に来て、不思議に思うことがたくさんあります。それをリスナーのみなさんに報告して、いっしょに解決できたらいいなと思っています。(森脇)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015