ニュース

YATSUI FESTIVAL 2012出演アーティスト第4弾発表!

やついいちろう   2012/01/17 15:59掲載
はてなブックマークに追加
YATSUI FESTIVAL 2012出演アーティスト第4弾発表!
 お笑いコンビ、エレキコミックやついいちろうが2月18日に開催する、渋谷地区では初となる、複数会場を連動した音楽とお笑いのエンタテインメント・フェス<YATSUI FESTIVAL 2012>。その第4弾出演アーティストが発表に!

 やついいちろうは、お笑い芸人としての活動と並行し、ロック・フェスでは1万人規模の観客がDJブースに押し寄せ入場制限がかかるなど、DJとしてもカリスマ的人気を誇り、昨年も“DJやついいちろう”名義でリリースした3枚目のMIX CD『ゴールデン・ヒッツ』がスマッシュ・ヒットを記録! “一番ミュージシャンの友人が多い芸人”とも言われています。

 そんなやついが企画した本フェス、開催を1ヵ月後に控え、出演者の大枠ともいえる第4弾アーティストが発表! 今回はbloodthirsty butchersMONOBRIGHT東京女子流などのバンドやアイドルに加え、宮沢章夫withやついいちろう(平常心ブラザーズ)、ザ・ガンビーズ(メンバー:KERA犬山イヌコみのすけ、ヒノフジヒロシ)や、キング・オブ・コントでも優勝し話題となった、キングオブコメディ鬼ヶ島などのお笑い芸人枠、カジヒデキ、田中 貴(サニーデイ・サービス)などによるDJも発表。音楽、お笑い、DJと、多岐にわたるジャンルのエンタテインメント界から豪華なアーティストが集った、やついならではのイベントに。

 本人曰く「ロックが好きな人はもちろん、大注目のアイドルも一堂に集まるので、アイドル好きもたまらないイベントになるかも。ライヴに定評のあるアイドルばかりなので、ロックが好きな人もお笑い好きの人もみんな楽しめると思います」とのこと。そして、この多岐に渡ったアーティストのブッキングについて、「(僕が普段からお付き合いさせて頂いていても)みんな楽しい人しかいないので、何しろ平和なフェスになるとおもいます! 暴力的な人はいません! peaceな感じで楽しんでもらえれば」と、独自のこだわりポイントを披露。「これだけ豪華なアーティストで色んなものをいっきに見られるのはなかなかないと思うので、よかったら来て下さい!」と初のフェス開催にむけて意気込むやついいちろう。さらに今後、追加アーティストがもう少し登場する予定との話も……! ご期待ください!


<YATSUI FESTIVAL 2012>
●日程:2月18日(土)
●会場:Shibuya O-EAST / O-WEST / O-Nest / O-Crest / duo MUSIC EXCHANGE
●時間:開場 / 開演 12:30(11:00リストバンド交換開始)
●料金:前売 5,000円(別途ドリンク代)
《プレイガイド》
ぴあ(Pコード:156-324) / ローソン(Lコード:71273) / e+ / EAST店頭
※お問い合わせ:Shibuya O-EAST 03-5458-4681
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015