ニュース

吉高由里子ら出演“ミュードラ”第3弾の先行配信がスタート

吉高由里子   2009/01/19 15:35掲載
はてなブックマークに追加
吉高由里子ら出演“ミュードラ”第3弾の先行配信がスタート
 “ミュージック”と“ドラマ”が合体したショート・ドラマ、ミュードラ。待望の第3弾の先行配信が、1月19日(月)よりスタート!

 今回の作品は、映画『蛇にピアス』で第51回ブルーリボン賞新人賞を受賞し、今もっとも注目の実力派若手女優の吉高由里子が主演をつとめ、小田和正の代表曲「woh woh」をテーマ曲にした『woh woh』(全3話)と、フジテレビ系ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』で一躍有名になった山本裕典が主演、徳永英明によるEvery Little Thingのカヴァー「Time goes by」をテーマ曲にした 『Time goes by』(全3話)。以上の2作品となっています。

 彼氏に振られたばかりの瞳(吉高由里子)が、とあるハンバーガー屋に入り、友人に彼女を奪われた経験を持つ店員(永山絢斗)と出会い、恋が始まる『woh woh』、元カノの加奈(佐々木希)に別れを告げたことを内心後悔していたバーのマスター、圭介(山本裕典)のもとへ、加奈が新しい彼氏を連れて来たことから恋が展開していく『Time goes by』、それぞれの回にはクライマックスがあり、その一番盛り上がった瞬間からドラマの“主題歌”として小田和正、徳永英明の楽曲がそれぞれ流れ、ドラマの感動と音楽の感動を一体化させています。

 制作は『HERO』や『ガリレオ』『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』など多くの人気ドラマを生んだフジテレビドラマ制作センターが担当しているだけに、その仕上がりは保障付き! 『woh woh』、『Time goes by』の2作品はただいま、iTunes Storeやフジテレビ On Demandから配信限定で販売中です。





 なお、1月17日(土)には、このミュードラ2作品の発売を記念し、アップルストア銀座にてライヴトークイベントも開催。当日はスペシャル・ゲストとして『woh woh』主演の吉高由里子が登場しイベントを盛り上げました。「『woh woh』の気に入っているところは、瞳(吉高由里子)とハンバーガー屋店員(永山絢斗)が、お店の前を通る度に行なわれるアイコンタクトのシーンが気に入っています。また主人公である瞳とは意地を張って、後で後悔するところが私と似ているかも。主題歌を歌う小田和正さんの曲は、朝の番組で流れているのを聴いているので、小田和正さんの曲には朝のイメージを持っています。みなさん、是非、ミュードラをダウンロードして、見て下さい」とコメント。最後に、自身の抱負として「今年の抱負はいい意味で人をビックリさせたいです」と語っています。

2009.1.19(月)先行配信!!
※PC:フジテレビ On Demand、iTunes Store
※Mobile:フジテレビ On Demand mobile
※dwango(2009.1.21(水)より)
【2009.1.26(月)より通常配信】

『woh woh』(全3話)
主題歌『woh woh』小田和正
アルバム「自己ベスト」より(BMG JAPANA)
●第1話「彼女の事情」(5:47)
●第2話「彼の事情」(4:48)
●第3話「二人の事情」(7:47)
出演:吉高由里子、永山絢斗、村上剛基
プロデューサー:鹿内植
演出:永山耕三
脚本:阿相くみこ

(C)2009 FUJIPACIFIC MUSIC INC.

『Time goes by』(全3話)
主題歌『Time goes by』徳永英明
アルバム「VOCALIST3」より(UNIVERSAL SIGMA)
●第1話「追憶」(5:57)
●第2話「再開」(5:13)
●第3話「後悔」(7:27)
出演:山本裕典、佐々木希、古山憲太郎、松尾敏伸
プロデューサー:鹿内植
演出:永山耕三
脚本:山崎淳也

(C)2009 FUJIPACIFIC MUSIC INC.

制作著作:フジパシフィック音楽出版
制作協力:フジテレビドラマ制作センター
協力:フジテレビデジタルコンテンツ局
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015