リサーチ

“ポルノ映画”と“ピンク映画”の違いは?

2016/06/01掲載
はてなブックマークに追加
“ポルノ映画”と“ピンク映画”の違いについて教えてください。
 “ポルノ映画”も“ピンク映画”もどちらも成人映画ではありますが、邦画において一般的には“ポルノ映画”は東映、日活などの大手映画製作会社による作品なのに対し“ピンク映画”はそれ以外の新東宝や大蔵などの映画製作会社による作品を指します。

 “ポルノ映画”はさらに1968年公開の石井輝男『徳川女系図』や1972年公開の鈴木則文『温泉スッポン芸者』などのエログロ・ナンセンス路線の“東映ポルノ”と、1972年公開の村川 透『哀愁のサーキット』や1983年公開の藤田敏八『ダブルベッド』などのドラマ性の強い“日活ロマンポルノ”にわけられます。一方、代表的な“ピンク映画”には、『Shall we ダンス?』を手がけた周防正行が1984年に発表し、映画評論家・蓮實重彦がその年のベスト5に選出したことでも知られる『変態家族 兄貴の嫁さん』や、『おくりびと』でアカデミー賞外国語賞部門を受賞した滝田洋二郎が1983年に発表した『連続暴姦』などがあります。

 2016年には日活ロマンポルノの誕生45周年を記念したリブート企画として『凶悪』白石和彌塩田明彦『害虫』『黄泉がえり』)、園 子温『冷たい熱帯魚』『TOKYO TRIBE』)、中田秀夫『リング』『劇場霊』)、行定 勲『世界の中心で、愛をさけぶ』『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』)がそれぞれ作品にテーマを掲げ新たなロマンポルノを制作することが発表され、作品は2016年冬に東京・新宿武蔵野館にて順次公開される予定です。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015