リサーチ

映画『マグニフィセント・セブン』の予告編で流れる曲は?

2016/09/15掲載
はてなブックマークに追加
映画『マグニフィセント・セブン』の予告編で流れる曲は何ですか?
映画『マグニフィセント・セブン』の予告編で流れる曲は?
 映画史に残る黒澤 明の傑作『七人の侍』を西部劇に置き換えた1970年公開の『荒野の七人』。同作を『トレーニング・デイ』『サウスポー』などを手がけたアントワーン・フークア監督がリメイクした、映画『マグニフィセント・セブン』が2017年1月27日(金)に日本公開されることが決定しました。主演をフークワ監督と3度目のタッグを組んだオスカー俳優デンゼル・ワシントンが務め、クリス・プラットイーサン・ホークイ・ビョンホンらが脇を固めています。

 映画上映に先駆け日本版予告編が公開されています。デンゼル・ワシントン扮する賞金稼ぎ、サム・チゾルムら7人のならず者が、町の住人を苦しめる悪徳実業家と繰り広げる派手なアクション・シーンが挿入された予告編を盛り上げるのは、映画や映画予告編の音楽を数多く手がけているアメリカの兄弟ユニット、Heavy Young Heathens(ヘヴィ・ヤング・ヒーザンズ)による「House Of The Rising Sun」(写真)。邦題「朝日のあたる家」として知られるこの曲は、アメリカのトラディショナル・フォーク・ソング。ボブ・ディランジョーン・バエズらがカヴァーしていますが、中でもザ・ビートルズと並ぶUKロックのレジェンド、アニマルズが1964年に発表したヴァージョンは世界的なヒットを記録しています。

 ハードロック風の味付けがされているHeavy Young Heathensヴァージョンは現在CDでのリリースはされていませんが、iTunes で配信されています。

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015