リサーチ

印象に残っている「タクシー」ソングといえば?

2024/07/10掲載
はてなブックマークに追加
タクシーのことを歌った曲で面白そうなのをおしえてください。
 110年以上前の1912年(明治45年)7月10日に、東京・有楽町(現在の有楽町マリオン)にて日本初のタクシー会社「タクシー自働車株式会社」が設立されました。翌月(7月末からは大正)にタクシーメーターを装備したT型フォード6台で営業を開始しています(全タク連では8月5日を「タクシーの日」と制定)。

 いまや生活の“足”としてなくてはならないタクシーですが、それゆえタクシーについて歌った楽曲も数多くあります。そこで、いくつか印象の強い“タクシー”ソングを紹介していきたいと思います。

 ずばり“タクシー”を曲名に冠したもので、まず名が挙がる曲といえば、鈴木聖美の「TAXI」でしょうか。1987年11月にリリースされたシングルで、鈴木聖美の弟の鈴木雅之率いるラッツ&スターがバックコーラスを務めています。“TAXIに手を上げて……”で始まるこの曲は、鈴木雅之らがカヴァーするほか、カラオケの定番ソングとしても長く親しまれています。

 そのほか、東方神起超特急LINDBERG米倉利紀Salyu藤木直人など多くのアーティストが、「TAXI」というタイトルの楽曲を歌っています。

 記憶に強く残っているといえば、K-POPブームの中心的存在だった少女時代の「MR.TAXI」もそのひとつ。「GENIE」「Gee」に続いて2011年4月にリリースされた日本3枚目のシングルで、韓国版の日本語カヴァーではなく、初の日本オリジナル楽曲となったダンス・チューンです。リズミカルな“TAXI,TAXI,TAXI...”のフレーズやダンスをはじめ、タクシー(イエローキャブ)を模したと思われる黄色と黒の衣装も話題となりました。

 タクシーをテーマにする際は、ドライバーにも触れることが少なくないようです。中島みゆきをはじめ、谷村新司レミオロメンらが「タクシードライバー」、林田健司SEEDAなどが「Taxi Driver」のタイトルで楽曲を発表。シャ乱Qは、人気TVバラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』のダウンタウントークの出囃子として使用され、松本人志が作詞・作曲を手掛けた「タクシードライバー」をアレンジした“シャ乱Qヴァージョン”を制作。同曲は1999年3月リリースのシャ乱Qの2枚目のベスト・アルバム『ベストアルバム おまけつき '96〜'99』に収録されています。

 近年では、音楽をPUNPEEVaVaOMSBが務め、実力派声優陣のほか、ミキダイアンたかしトレンディエンジェル)、村上知子森三中)などの芸人たちが多く参加したことでも話題となった、2021年放送のオリジナルアニメ『オッドタクシー』のオープニングを飾ったのが、スカートとPUNPEEによるコラボレーション楽曲「ODDTAXI」。同曲は『「ODDTAXI」ORIGINAL SOUNDTRACK』(写真)のほか、スカートのメジャー4thアルバム『SONGS』でも聴くことができます。

 それ以外では、キャロル「ヘイ・タクシー」、ORANGE RANGE「HYSTERIC TAXI」、久保田利伸「POLE POLE TAXI」、中山美穂「Midnight Taxi」、大塚愛「未来タクシー」、浅野ゆう子「ムーンライト・タクシー」、ユニコーン「俺のタクシー」、柴咲コウ「カラフルタクシー」、吉澤嘉代子「地獄タクシー」、クリープハイプ「NE-TAXI」など、さまざまな“タクシー・ソング”が誕生しています。

 プロ野球や上田桃子、宮里藍石川遼といったゴルフ選手の話題をタクシー運転手と中年男性の乗客とが車内で繰り広げる様子をセリフ語りで歌った(セリフが大部分を占める)、吉田拓郎の「真夜中のタクシー」のサビ“乗るも乗らないも あなたしだい”よろしく、聴くも聴かないもあなた次第ですが、タクシーにまつわる日にタクシー・ソングを聴いてみるのも一興ではないでしょうか。

 なお、「真夜中のタクシー」は、2009年4月リリースのアルバム『午前中に…』に収録されています。



※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015