ニュース

ジャパニーズ・ロックの至宝・鮎川誠が大いに語った『'60sロック自伝』登場!

2006/06/02掲載(Last Update:08/03/31 17:40)
はてなブックマークに追加
ジャパニーズ・ロックの至宝・鮎川誠が大いに語った『’60sロック自伝』登場!
 好評発売中のCDジャーナルムック・シリーズに新刊が登場!『'60sロック自伝』が本日6月2日発売されます。

 70年代から転がり続ける日本のロック・アイコンといえばシーナ&ザ・ロケッツ鮎川誠。まさに“ロング・トール”なその肢体に、イノセントなメガネをかけたロック&九州の至宝が60年代ロックの歴史と、ともに歩んだ自らの歴史までをおなじみの博多弁で大いに語り下ろした『'60sロック自伝』が登場!本書のプロデュースは『ビッグ・コミック・オリジナル』で の長寿人気連載「こだわりの店」 や『FMファン』誌にて連載された鮎川氏との「チャート談義」で知られる“食の狩人”こと伊丹由宇氏が担当しています。

 ロックン・ロールとの遭遇からビートルズローリング・ストーンズオーティス・レディングボブ・ディランレッド・ツェッペリン……時代を代表するアーティストと鮎川氏の“出会い”やロックへの愛情あふれるエピソードなどが満載。そのほかにも鮎川氏が選びに選んだ'60sシングル&アルバムのベスト100選、そのチャートにまつわる鮎川・伊丹両氏の「チャート談義」をもちろん完全収録。かつての“下北ロフト”で幸運にも氏と隣り合わせてしまったかのような臨場感溢れる対談にシビレること間違いなし!

 鮎川ファン、シナロケ・ファンならずとも氏の愛情溢れる、リラックスした語り口とロックに身を投じたからこそ育まれた、卓越した「ロック&ブルース研究家」としての視線に魅了される一冊です。

2006年6月2日発売
『'60sロック自伝』
A5判 248頁
税込価格1,890円(本体1,800円)
雑誌コード:64371-13
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015