ニュース

EYE HATE GOD救済イベントのためにブルータル・トゥルースが再結成!

2006/07/05掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
EYE HATE GOD救済イベントのためにブルータル・トゥルースが再結成!
 世界最速日本代表グラインド・コア・バンドSxOxBxと切磋琢磨しつづけたことでも知られる、元アンスラックスニュークリア・アソルトのベーシスト、ダン・リルカが率いたニューヨークのバンド、ブルータル・トゥルースがオリジナル・メンバーで再結成します。(写真はブルータル・トゥルース『Sounds Of The Animal Kingdom』)
 バンドの中心人物であったダン・リルカがイギリスの雑誌に寄せたコラムによれば、ニューオリンズのスラッジ・コア・バンド、アイヘイトゴッド(以下、EHG)のメンバーが、ハリケーン“カトリーナ”によって家や財産のほとんどを失ったため、その救済活動の一環としてとしてEHGのトリビュート・アルバムを制作することが直接のきっかけとなったとか。

 ブルータル・トゥルースはスラッジ・コアの歴史に残る名盤で、EHGのセカンド・アルバム『Take As Needed For Pain』に収録されている「Sister Fucker」をカヴァーする予定とのこと。本来part1、part2と2部構成となっている曲を一つにまとめたロング・ヴァージョンで、もちろんブルータル・トゥルースらしくEHGのオリジナルより“速く”プレイされているとのこと。

 基本的にはベネフィットCDに参加するための再結成のようですが、なんとライヴ出演もすでに決定している模様。ちなみにELECTRIC CITY ROCK FESTという2006年9月3日に、イリノイ州シカゴのライヴ・ハウスにて開催されるイベントに元A×C×のスコット・ハル率いるグラインド・コア・バンド、ピッグ・デストロイヤーと共に出演するようです。先日お伝えしたこちらと共に、シカゴは熱い9月を迎えるようです。

■『FOR THE SICK 〜A TRIBUTE TO EYEHATEGOD』
2006年秋 EMETIC RECORDS(http://www.emeticrecords.com/)より発売予定
発売元のEMETIC RECORDSにて公表されている収録予定内容は次の通り。

[参加予定バンド/収録予定曲目]

Brutal Truth 「 Sister Fucker (part 1 and 2)」
Watch Them Die「Serving Time in the Middle of Nowhere」
Buried At Sea w/ Kevin Sharp 「White Nigger」
Byzantine「Shop Lift Dead Bird」
Children of God Alabama「Thunderpussy」
God Song Ichabod 「Jackass in the Will of God」
Minsk 「Ruptured Heart Theory」
Total Fucking Destruction 「 Kill Your Boss」
Lair of the Minotaur 「Unknown」
Mouth of the Architect 「 Story of the Eye」
Swarm of the Lotus 「Blood Money」
Raging Speedhorn 「30$ Bag」
Sow Belly 「99 Miles of Bad Road」
Ozenza 「Revelation/Revolution」
Triac 「My Name is God」
Unearthly Trance 「Shinobi」
Halo of Locusts 「Dixie Whiskey」
If He Dies, He Dies 「Age of Bootcamp」
The Esotiric 「Crimes Against Skin」
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015