ニュース

日本のロック名盤10タイトルが、廉価1,300円で再発

2007/01/24掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ユニバーサル ミュージックが“「知ってる、知ってる、こんなの。」とはよく言うけど実際聞いたことあるのか!?”、というコンセプトの下、NAKED LINEなるシリーズを開始。その第1弾として、日本のロックの名盤10タイトルを廉価再発することになりました。発売は全タイトル3月14日の予定。

 ラインアップは、フラワートラベリンバンドの『エニウェア』(写真)、陳信輝の『SHINKI CHEN』、ミッキー・カーティスと侍の『河童』『侍』、ミッキー・カーティスのソロ名義作『耳』、水谷公生の『宇宙の空間 A PATH THROUGH HAZE』、フード・ブレインの『晩餐』、ストロベリー・パスの『大烏が地球にやってきた日』、フライド・エッグの『ドクター・シーゲルのフライド・エッグ・マシーン』『グッバイ・フライド・エッグ』となっており、いずれも70年代初頭にリリースされた作品ばかり。以前にCD化されているとはいえ、すでに入手困難なアイテムも多くなっています。また、紙ジャケットとしてリリースされているものもありますが、紙ジャケは高くて手が出ない、という方にも嬉しい税込\1,300という超お手頃価格での発売です。これまで買いそびれていた方、この機会にどうぞ。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
[インタビュー] お箏ほどしっくりくる楽器はない――筝曲界の新星LEO、箏の可能性を追求するデビュー・アルバム[インタビュー] 今まででいちばん“物語”だけど、いちばん“自分”だと言える 吉澤嘉代子『屋根裏獣』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015