ニュース

ジャイルス・ピーターソンが発掘した新人ベン・ウェストビーチがデビュー!

2007/03/20掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 Acid JazzやTalkin' Loudの主宰者として人気を集めるUKダンス・シーンのキー・パーソン、ジャイルス・ピーターソンが新レーベル“ブラウンズウッド”を設立。その記念すべき第1弾アーティストであるベン・ウェストビーチ(Ben Westbeech)のアルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・ベスト・イヤーズ・オブ・ユア・ライフ』が英国で3月26日にリリース、4月11日には2曲のボーナス・トラックとPV1曲(エンハンスト仕様)が収録され日本盤化(写真・TRCP-1 \2,100(税込))されます。

 ベン・ウェストビーチは英国ブリストル出身の25歳。すでに本国UKではアルバム収録曲「ソー・グッド・トゥデイ」「ゲット・クローサー」がヒット、J-WAVEをはじめとする日本のラジオ局でもオンエアされ話題となっています。ファンク、ポップ、ジャズ、ヒップホップ、ドラムンベースまで取り入れた、スタイルにこだわることのない貪欲さとダンサブルなトラックはハッピーでキャッチー。たまに飛び出すメロウなフレーズはダンス・フロアのオーディエンス以外にも支持されるはず。来月にはプロモーション来日が決定し、ショウ・ケース・ライヴなども予定されているベン・ウェストビーチ。CDJournal.comも注目のホープです!


ベン・ウェストビーチ『ウェルカム・トゥ・ザ・ベスト・イヤーズ・オブ・ユア・ライフ』
UK盤:
2007年3月26日発売

日本盤
2007年4月11日発売
TRCP-1 \2,100(税込)
日本盤のみボーナストラック2曲収録
エンハンストCD付属:
ハング・アラウンド (ビデオクリップ)

01.ウェルカム
02.ソー・グッド・トゥデイ
03.ゲット・シリィ
04.ブライト・フューチャー
05.ナッシング・エルス
06.ゴッタ・キープ・オン
07.テイクン・アウェイ・フロム
08.グレイ・スカイズ
09.ストップ・ホワット・ユーアー・ドゥーイング
10.ダンス・ウィズ・ミー
11.ゲット・クローサー
12.ハング・アラウンド
13.プッシャーマン
14.イン・アウト
15.ビューティー
16.アイ・ウォント・トゥ・ビー・アラウンド・ユー※日本盤ボーナストラック
17.ソー・グッド・トゥデイ (リミックス)※日本盤ボーナストラック
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015