ニュース

祝!フロントページ・オーケストラが1stアルバムをリリース!

2003/12/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 大推薦盤です!この日が来るのをどれほど待った事か! 三木俊雄率いるフロントページ・オーケストラが遂にファーストアルバムを出します!! HP上で“CD制作が目標”とずいぶん前から書かれていただけに、楽しみにしていたファンも多い事でしょう! 来年の2月18日発売。タイトルは『ハーモニー・オブ・ザ・ソウル』(WNCJ-2130 \2,800(税込))。What’s New Recordsからのリリースとなります。

 1996年の結成以来やっとのCDリリースですから、とにかく嬉しい!早く聴きたい! ここでフロント・ページ・オーケストラ(以下F.P.O.)を知らない方のために簡単に紹介。
F.P.O.はテナーサックス奏者の三木俊雄が結成した10人編成のオーケストラで、2トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、アルト、2テナー+3リズムといったユニークな編成。メンバー全員(以下参照)が強力なソリスト集団なので、まるでスモールコンボのような一体感と各々の自己表現がラージアンサンブルの中で展開される、もの凄いグループなわけです。とにかく素晴らしいのですよ、三木俊雄のアレンジメントが!

(メンバー)
三木俊雄(テナーサックス)
池田篤(アルトサックス)
岡崎正典(テナー&ソプラノサックス)
岡崎好朗(トランペット)
奥村晶(トランペット)
片山雄三(トロンボーン)
山岡潤(ユーフォニアム)
福田重男(ピアノ)
俵山昌之(ベース)
高橋徹(ドラムス)

 “10年前にはこんなバンドは存在しなかったし、あったとしても成立しなかった。F.P.O.は日本のジャズシーンの希望だ!”こう言い切るのは、F.P.O.のファンであり、協力者としてF.P.O.のために尽力を尽くしているジャズピアノの日本代表・小曽根真。2000年の暮れにはキーノートでF.P.O.と共演。今回は帯の推薦文とライナーノーツを担当してます。

 アルバムの曲は全てオリジナルで、特に「隅田川」という曲は溜息が出るほどに素晴らしく、間違い無く名曲です! この曲のみF.P.O.の公式HPで試聴が可能なので、是非ともチェックして下さい!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015