ニュース

祝!フロントページ・オーケストラが1stアルバムをリリース!

2003/12/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 大推薦盤です!この日が来るのをどれほど待った事か! 三木俊雄率いるフロントページ・オーケストラが遂にファーストアルバムを出します!! HP上で“CD制作が目標”とずいぶん前から書かれていただけに、楽しみにしていたファンも多い事でしょう! 来年の2月18日発売。タイトルは『ハーモニー・オブ・ザ・ソウル』(WNCJ-2130 \2,800(税込))。What’s New Recordsからのリリースとなります。

 1996年の結成以来やっとのCDリリースですから、とにかく嬉しい!早く聴きたい! ここでフロント・ページ・オーケストラ(以下F.P.O.)を知らない方のために簡単に紹介。
F.P.O.はテナーサックス奏者の三木俊雄が結成した10人編成のオーケストラで、2トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、アルト、2テナー+3リズムといったユニークな編成。メンバー全員(以下参照)が強力なソリスト集団なので、まるでスモールコンボのような一体感と各々の自己表現がラージアンサンブルの中で展開される、もの凄いグループなわけです。とにかく素晴らしいのですよ、三木俊雄のアレンジメントが!

(メンバー)
三木俊雄(テナーサックス)
池田篤(アルトサックス)
岡崎正典(テナー&ソプラノサックス)
岡崎好朗(トランペット)
奥村晶(トランペット)
片山雄三(トロンボーン)
山岡潤(ユーフォニアム)
福田重男(ピアノ)
俵山昌之(ベース)
高橋徹(ドラムス)

 “10年前にはこんなバンドは存在しなかったし、あったとしても成立しなかった。F.P.O.は日本のジャズシーンの希望だ!”こう言い切るのは、F.P.O.のファンであり、協力者としてF.P.O.のために尽力を尽くしているジャズピアノの日本代表・小曽根真。2000年の暮れにはキーノートでF.P.O.と共演。今回は帯の推薦文とライナーノーツを担当してます。

 アルバムの曲は全てオリジナルで、特に「隅田川」という曲は溜息が出るほどに素晴らしく、間違い無く名曲です! この曲のみF.P.O.の公式HPで試聴が可能なので、是非ともチェックして下さい!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ
[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ
[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015