ニュース

宇多田ヒカルの全米デビュー作にマーズ・ヴォルタが参加!

2004/06/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 先日公開された映画『CASSHERN』の主題歌を手掛けたものの、今年は“Utada”名義で放つ全米デビュー・アルバム制作に全力を注いでいる、宇多田ヒカル。日本のトップ・アーティストが全米でどう受け止められるのか、発売前から注目を集めていますが、その注目作のアルバム・タイトル等の詳細情報が、所属レコード会社アイランド・レコ−ズから先日発表されました。

 発表によれば、アルバム・タイトルは「出発」を意味する『EXODUS』に決定したそうで、「EXODUS '04」「Wonder 'Bout」「Let Me Give You My Love」といった“チキチキ”ビートを生み出したティンバランドによるプロデュース曲が収録される予定です。その話だけ聞けば“R&B/Hip Hopアルバム”かと思いがちですが、同レーベル曰く、アルバムは“オルタナティブ、ポップ、ダンス、ファンク・グルーヴをミックスした作品”となっているとのこと。それを証明するかのようにアルバムには、アット・ザ・ドライヴ・インの元メンバーによって結成された、エモをはるかに越えたプログレッシヴ・ハードコア・バンド“マーズ・ヴォルタ”(写真は『ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム』)のドラマーJon Theodore参加の「Kremlin Dusk」という曲が収録される予定。日本でも作品を重ねるごとに、様々なジャンルがミックスされた作風へと変貌していった彼女だけに、海外のクセ者たちと共演した本作もかなり面白い作品となりそう。発売は今秋を予定しているそうです。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編]
[インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015