ニュース

宇多田ヒカルの全米デビュー作にマーズ・ヴォルタが参加!

2004/06/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 先日公開された映画『CASSHERN』の主題歌を手掛けたものの、今年は“Utada”名義で放つ全米デビュー・アルバム制作に全力を注いでいる、宇多田ヒカル。日本のトップ・アーティストが全米でどう受け止められるのか、発売前から注目を集めていますが、その注目作のアルバム・タイトル等の詳細情報が、所属レコード会社アイランド・レコ−ズから先日発表されました。

 発表によれば、アルバム・タイトルは「出発」を意味する『EXODUS』に決定したそうで、「EXODUS '04」「Wonder 'Bout」「Let Me Give You My Love」といった“チキチキ”ビートを生み出したティンバランドによるプロデュース曲が収録される予定です。その話だけ聞けば“R&B/Hip Hopアルバム”かと思いがちですが、同レーベル曰く、アルバムは“オルタナティブ、ポップ、ダンス、ファンク・グルーヴをミックスした作品”となっているとのこと。それを証明するかのようにアルバムには、アット・ザ・ドライヴ・インの元メンバーによって結成された、エモをはるかに越えたプログレッシヴ・ハードコア・バンド“マーズ・ヴォルタ”(写真は『ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム』)のドラマーJon Theodore参加の「Kremlin Dusk」という曲が収録される予定。日本でも作品を重ねるごとに、様々なジャンルがミックスされた作風へと変貌していった彼女だけに、海外のクセ者たちと共演した本作もかなり面白い作品となりそう。発売は今秋を予定しているそうです。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015