ニュース

マイク・モレーノとジョン・カウハードのデュオ公演ツアーがまもなくスタート

マイク・モレーノ   2017/01/10掲載(Last Update:17/01/11 18:37)
はてなブックマークに追加
マイク・モレーノとジョン・カウハードのデュオ公演ツアーがまもなくスタート
 カート・ローゼンウィンケル以来、最も傑出したギタリストと評される新世紀のギター・ヒーロー、マイク・モレーノ(Mike Moreno)と、ブライアン・ブレイドとのユニット“フェロウシップ”でも活躍するピアニスト、ジョン・カウハード(Jon Cowherd)がデュオでの来日公演を開催。1月13日(金)東京・新宿 PIT INN、14日(土)愛知・名古屋 STAR EYES、15日(日)大阪・難波 MIKIミュージックサロンなんばパークス(ワークショップも同時開催)、16日(月)・17日(火)京都・三条 le club jazz、18日(水)静岡・LIFE TIME、20日(金)東京・武蔵野スイングホール、21日(土)東京・南青山 Body & Soulの全8公演が決定しています。

 マイク・モレーノは米テキサス州ヒューストン出身。ロバート・グラスパービヨンセらが輩出したハイスクール・フォー・ザ・パフォーミング・アンド・ヴィジュアル・アーツで学び、卒業後はギタリストとしてこれまで与えられたことのない最高額の奨学金を得てニューヨークのニュースクール音楽大学に進学。ジョシュア・レッドマンテレンス・ブランチャードウイントン・マルサリスといった著名ミュージシャンのバンド・メンバーとして活動するほか、ジョン・エリスアーロン・パークスグレッチェン・パーラトら同世代の話題の新星とも共演を重ねています。自身が率いるバンドでもワールド・ツアー、レコーディングをこなし、多忙な日々を送るファースト・コール・ギタリストです。

 
 また、ジョン・カウハードはケンタッキー州出身、ニューオーリンズのロヨラ大学でエリス・マルサリスらに学び、1993年にニューヨークに移リ、マンハッタン音楽院でジャズ研究の修士号を取得。本格的にニューヨークで演奏活動を始めるとすぐにドラマーのブライアン・ブレイドにその才能を絶賛され、彼とともに“ブライアン・ブレイド・フェロウシップ”を結成、コ・リーダーとして長く活動をともにしています。2012年にニューヨークのアバター・スタジオで行なわれた自作『Mercy』のレコーディングでは、ビル・フリゼールジョン・パティトゥッチらと共演。ピアニスト、作曲家、アレンジャー、プロデューサーとして大きな期待がよせられています。またノラ・ジョーンズの最新作『デイ・ブレイクス』に参加するなど多忙な日々を送っています。

マイク・モレーノ&ジョン・カウハード
1月13日(金)東京 新宿 PIT INN
1月14日(土)愛知 名古屋 STAR EYES
1月15日(日)大阪 難波 MIKIミュージックサロンなんばパークス(ワークショップも同時開催)
1月16日(月)京都 三条 le club jazz
1月17日(火)京都 三条 le club jazz
1月18日(水)静岡 LIFE TIME
1月20日(金)東京 武蔵野スイングホール
1月21日(土)東京 南青山 Body & Soul

※お問い合わせ: オフィス・ズー
zoojazz.music.coocan.jp
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015