ニュース

haruka nakamura PIANO ENSEMBLE、4月に「音楽のある風景」関西最終公演を開催

2017/03/17 15:00掲載
はてなブックマークに追加
haruka nakamura PIANO ENSEMBLE、4月に「音楽のある風景」関西最終公演を開催
 昨年12月よりライヴ会場とレーベル通販のみで販売していた12inchヴァイナル + CD『CURTAIN CALL』(PDIP-6567 2,680円 + 税)の一般販売を3月16日(木)より開始したharuka nakamuraが、自身のプロジェクト“PIANO ENSEMBLE”を率いて2年以上に亘って続けてきたロング・ツアー〈音楽のある風景〉の関西最終公演となる〈音楽のある風景 ACT.16〉を4月1日(土)、兵庫・西宮 兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホールにて開催。

 2015年からスタートし、広島・世界平和記念聖堂、岡山・ルネスホール、京都文化博物館など全国各地の重要文化材や教会などを巡って大きな反響を得た〈音楽のある風景〉ツアー。関西での最終公演〈ACT.16〉の会場となる兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホールは、舞台を客席が取り囲むアリーナ形式のホールとして知られています。

 本公演には、PIANO ENSEMBLEのメンバーであるARAKI Shin、内田 輝、根本理恵、齊藤 功に加え、『CURTAIN CALL』でメイン・ヴォーカルを務めた14歳の新星ヴォーカリスト・うらら、九州公演より参加しているbaobabの松本未來、そして盟友CANTUSによるコーラス隊が参加。照明はchikuni、音響はFlysound・福岡功訓が担当し、ツアーを共にしてきた縁のメンバーが集結します。



haruka nakamura PIANO ENSEMBLE TOUR 2017
「音楽のある風景」ACT.16 関西最終公演


2017年4月1日(土)
兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール
開場 17:30 / 開演 18:00
前売 5,000円 / 当日 5,500円(全席指定)
LivePocket


[出演]
haruka nakamura PIANO ENSEMBLE
haruka nakamura(p) / ARAKI Shin(sax, fl) / akira uchida(sax) / rie nemoto(vn) / isao saito(dr)
聖歌隊: うらら / 松本未來(baobab) / CANTUS
照明: chikuni
音響: 福岡功訓(Flysound)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015