ニュース

作・山下澄人 / 演出・飴屋法水の舞台『コルバトントリ、』がDVD化

山下澄人   2017/09/25 15:02掲載
はてなブックマークに追加
作・山下澄人 / 演出・飴屋法水の舞台『コルバトントリ、』がDVD化
 2012年にデビュー作「緑のさる」が〈野間文芸新人賞受賞〉を受賞し、昨年発表の「しんせかい」で第156回〈芥川賞〉を受賞した気鋭作家・山下澄人。同氏が2014年に発表した小説「コルバトントリ」を、同年に第58回〈岸田國士戯曲賞〉を受賞した鬼才・飴屋法水が舞台化した『コルバトントリ、』が、DVD(play-10 / HEADZ-221 3,000円 + 税)となって10月4日(水)に発売されます。

 2015年4月に東京・清澄白河「SNAC」(現在は東京・三鷹へと移転して「SCOOL」に改称)にて飴屋演出の下で上演された『コルバトントリ、』には、青柳いづみ、安藤真理、郷 拓郎(detune.)、グルパリ、飴屋の息女・くるみに加え、山下と飴屋も出演。映像制作コレクティヴ「Pool Side Nagaya」を率いる河合宏樹が映像監督と務めています。

 発売に先駆けてYouTubeでは予告編が公開されているほか、再び山下・飴屋がタッグを組んで10月1日(日)まで東京・こまばアゴラ劇場にて上演中の舞台「を待ちながら」の会場では先行販売も実施中。


ある日、山下さんからメールが届いた。飴屋さんの『教室』を見て感銘を受けたこと、SNACという場所も面白いと思ったこと、などが記されてあった。実をいえは、その時すでに自分の心の中に、この公演のアイデアが宿っていた。以前から、飴屋法水の演劇と、山下澄人の小説は、深いところで、明らかに通じ合っている、そう思っていた。前世か、あるいは来世で、ふたりは朋友か、ことによると兄弟だったんじゃないか。ならが現世で、一緒に何かをすることになるのも、それは必然と言っていいだろう。実際、話はすごく速かった。僕がしたのは、ふたりが出会う段取りをしたこと、あとは「、」を付け加えたくらいである。ずっと昔から決まっていたこと、すべてのはじまりの前からとっくに定められていたことに、たまたま自分がかかわった、そんな気分でいる。
――佐々木 敦

原作者として出ませんかといわれてぼくはどういう事だろうと考えた。書いた経緯を話したりするのかな、朗読をしたりするのかな。違っていた。そもそもぼくは「原作者として」と言われるまでもなく原作者だ、らしい。となればどんなかたちで出ようと原作者としてだ。ゆえに「原作者として」に意味はなく、要するに出ませんかという事で、だからそういう事だ。ぼくは「はい」と返事した。ぼくは小説を読み返してない。今回の出演者の中でたぶんもっとも原作の中身をよくおぼえてない。書いた事すら実はあまりよくおぼえてない。ぼくは『コルバトントリ、』に参加したのだ。原作もくそもない。というか原作って何だろう。
――山下澄人

気がついたら、とても地味な作品になったように思う
それでいい
青柳いづみ、郷拓郎、安藤真理、山下澄人、グルパリ
この5人の登場人物、だからできること、を、こつこつ、やった
山下澄人の書いた小説を読んでつくった
どこかの誰かの、心の傷とか後悔とか、そんなことはどうでもいい
と言ってしまえるほどに、この世は、残酷なものだ
人間は残酷だ
それなのに、たとえば、ありがとう、などという
こー、とー、ばー、を、人間は発明したりする
ありがとう

――飴屋法水

■2017年10月4日(水)発売
『コルバトントリ、』
play-10 / HEADZ-221
DVD 3,000円 + 税

SNAC パフォーマンス・シリーズ 2015 VOL.1
『コルバトントリ、』


原作: 山下澄人『コルバトントリ』(文藝春秋 刊)ほか 
演出: 飴屋法水

上演台本・音響・美術: 飴屋法水

出演: 青柳いづみ / 安藤真理 / 郷 拓郎(detune.) / 山下澄人 / 飴屋法水 / グルパリ / くるみ

会場: 清澄白河 SNAC(2015年4月4日〜5日, 4月8日〜12日 12ステージ)

衣装: コロスケ
演出助手: C / コロスケ
音響協力: zAk
グラフィックデザイン・記録写真: 石塚 俊
映像撮影: 河合宏樹 / 粟屋武志 / 前島ももこ
映像編集: 河合宏樹
録音: 葛西敏彦 / 伊藤大地

企画: 佐々木 敦
制作: 土屋 光


「を待ちながら」
www.faderbyheadz.com/event/waiting.html

作: 山下澄人
演出: 飴屋法水
出演: 飴屋法水 / 山下澄人 / 荻田忠利 / 佐久間麻由 / くるみ

2017年9月17日(日)〜10月1日(日)
東京 こまばアゴラ劇場
前売 / 当日 4,500円(日時指定 / 全席自由席 / 整理番号付)

プロデュース: 佐々木 敦
美術: 飴屋法水 / 山下澄人
音楽: 宇波 拓
音響: 牛川紀政 / 大園康司
照明: 富山貴之
舞台監督: 河内 崇
舞台監督助手: 松本ゆい
衣裳: コロスケ
演出助手: 西島亜紀
制作: 土屋 光 / 有上麻衣 / 白迫久美子

芸術総監督: 平田オリザ
技術協力: 鈴木健介(アゴラ企画)
制作協力: 木元太郎(アゴラ企画)
企画制作: HEADZ / 襯▲乾藉覯茵Δ海泙丱▲乾薹狆
主催: 襯▲乾藉覯茵Δ海泙丱▲乾薹狆
協力: 青年団 / SCOOL / FICTION / 楽ちん堂
助成: 平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015