ニュース

Better Days/DENONより、CROSS OVERシリーズ第2弾登場!

2004/12/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 70〜80年代にかけ、日本のジャズ/フュージョン、さらにテクノといった時代の先駆けを切り開いた作品をリリースしてきたレーベル、Better Days/DENON。これらより70'sの10作品(渡辺香津美ミッキー吉野向井滋春ブルーコーツなどがラインナップ)は先日12月22日にCROSS OVERシリーズ第1弾として復刻されましたが、さらに80'sに発表されたものを中心とする第2弾10作品が、第1弾と同じく低価格の¥1,500(税込)で1月26日にリリース!

 
 そのラインナップは……

●24丁目バンド『24thストリート・バンド』(1980年、COCB-53303)
●24丁目バンド『マンハッタンの夢』(写真・1980年、COCB-53304)
●24丁目バンド『BO KU TA CHI』(1981年、COCB-53305)
●Steps『PARADOX』(1982年、COCB-53306)
●向井滋春+アストラッド・ジルベルト『SO&SO』(1982年、COCB-53307)
●坂田明『20人格』(1980年、COCB-53308)
●Wha-ha-ha『死ぬときは別』(1981年、COCB-53309)
●Wha-ha-ha『げたはいてこなくちゃ』(1981年、COCB-53310)
●板橋文夫『渡良瀬』(1982年、COCB-53311)
●板橋文夫『北京の秋』(1983年、COCB-53312)

 ロック・テイストで超絶技巧を誇るフュージョン・バンドとして知られる24丁目バンド仙波清彦村上“ポンタ”秀一坂田明、さらには小川美潮の参加(『死ぬときは別』にて)で知られるWha-ha-ha向井滋春アストラッド・ジルベルトとの共演盤、壮絶な名ピアニスト板橋文夫、さらにはハイラム・ブロックウィル・リーといった鉄壁の4人組Stepsの名盤ほか、坂田明の諧謔精神たっぷりの『20人格』などがラインナップ。

 これらの復刻、そうそうない貴重なものですので、ご注目あれ!
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “好きだ!”という気持ちをぶつける対象があるだけで、人生はとても豊かになる――寺嶋由芙が目指す“ゆるドル”とは[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」
[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品
[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」
[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015