ニュース

Better Days/DENONより、CROSS OVERシリーズ第2弾登場!

2004/12/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 70〜80年代にかけ、日本のジャズ/フュージョン、さらにテクノといった時代の先駆けを切り開いた作品をリリースしてきたレーベル、Better Days/DENON。これらより70'sの10作品(渡辺香津美ミッキー吉野向井滋春ブルーコーツなどがラインナップ)は先日12月22日にCROSS OVERシリーズ第1弾として復刻されましたが、さらに80'sに発表されたものを中心とする第2弾10作品が、第1弾と同じく低価格の¥1,500(税込)で1月26日にリリース!

 
 そのラインナップは……

●24丁目バンド『24thストリート・バンド』(1980年、COCB-53303)
●24丁目バンド『マンハッタンの夢』(写真・1980年、COCB-53304)
●24丁目バンド『BO KU TA CHI』(1981年、COCB-53305)
●Steps『PARADOX』(1982年、COCB-53306)
●向井滋春+アストラッド・ジルベルト『SO&SO』(1982年、COCB-53307)
●坂田明『20人格』(1980年、COCB-53308)
●Wha-ha-ha『死ぬときは別』(1981年、COCB-53309)
●Wha-ha-ha『げたはいてこなくちゃ』(1981年、COCB-53310)
●板橋文夫『渡良瀬』(1982年、COCB-53311)
●板橋文夫『北京の秋』(1983年、COCB-53312)

 ロック・テイストで超絶技巧を誇るフュージョン・バンドとして知られる24丁目バンド仙波清彦村上“ポンタ”秀一坂田明、さらには小川美潮の参加(『死ぬときは別』にて)で知られるWha-ha-ha向井滋春アストラッド・ジルベルトとの共演盤、壮絶な名ピアニスト板橋文夫、さらにはハイラム・ブロックウィル・リーといった鉄壁の4人組Stepsの名盤ほか、坂田明の諧謔精神たっぷりの『20人格』などがラインナップ。

 これらの復刻、そうそうない貴重なものですので、ご注目あれ!
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編]
[インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015