ニュース

PV界の天才ミシェル・ゴンドリー監督作『エターナル・サンシャン』公開!

2005/03/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
PV界の天才ミシェル・ゴンドリー監督作『エターナル・サンシャン』公開!
 ある日、ジョエル(ジム・キャリー)は赴いた浜辺でクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)と知り合う。2人は恋に落ちるのだが、ある日、クレメンタインが働く職場に出向いたジョエルは、クレメンタインから初めて接するかのような冷たい反応を示されて、ショックを受ける。じつは、クレメンタインは今の生活を変えたくて、ジョエルとの出会いからすべてを記憶から消去していた。自棄になったジョエルは、自分もクレメンタインを忘れるために、記憶消去を行なう不思議で怪しい精神病医の元を訪れるのだが……。

 いよいよ明日3月19日(土)より、ミュージック・ビデオ界の天才ミシェル・ゴンドリーと『マルコヴィッチの穴』の脚本家チャーリー・カウフマンが『ヒューマン・ネイチュア』に続いてコンビを組んだ映画『エターナル・サンシャン』が、丸の内ピカデリー2他全国松竹・東急系にてロードショーされます!

 頭に被せた怪しい機械とノート・パソコンを使って、不要な記憶を削除しようとする精神病医たちがいる「現実の世界」、そして記憶を遡るにつれて彼女への愛を再認識した主人公が記憶の消去を必至になって阻止しようする「記憶の世界」。その2つの世界が奇妙かつ複雑に入れ混ざった奇想天外なストーリーを、映像の切り貼りが巧みなミシェル・ゴンドリーがスタイリッシュかつ大胆な映像マジックで再現! なかでも溢れんばかりのイマジネーションで描かれた「消えゆく記憶の世界」は、天才ミシェル・ゴンドリーだから成せるワザと言い切ってしまうほどの出来です。

 「記憶除去」という設定の突飛さに引いてしまう方もいるかも知れませんが、「他のどんな映画にも似ていないロマンティックなコメディ」と一部で評されているのも頷けるほど、そのコミカルなタッチを織り交ぜながらユニークかつ巧みな作劇で綴る、たくさんの“切ない”がつまったラブ・ストーリーは必見です!

 また、これまで数多くのミュージック・ビデオで、映像と音を巧みにシンクロさせてきたミシェル・ゴンドリーの作品だけに、映像と見事なまでにマッチしていた、E.L.O.(エレクトリック・ライト・オーケストラ)ポリフォニック・スプリーBeckなどの選曲センスも見逃せないところ。選曲が気になった方は、オリジナル・サウンドトラック(CTCW-53069 \2,600(税込))も発売されているので、そちらの方にもご注目ください!

 2005年度のアカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞した『エターナル・サンシャン』。その観客の心を捉えて離さないロマンティックなラブ・ストーリーを、ぜひともアナタもご鑑賞ください!

 なお、CDJournal.comでは、『エターナル・サンシャン』の公開を記念して、映画をさらに楽しめる必見ネタも掲載された公式プレス(写真右下)を抽選で10名様にプレゼント致します!

応募方法は下記の通り。

【応募方法】
当サイト、トップページ右上の「お問い合わせ」欄から、指定の枠に

・メールアドレス
・お名前(匿名不可)

「内容」欄に、

・郵便番号
・ご住所
・お電話番号(携帯電話可)
・当サイトへのご意見・ご感想

 をそれぞれ明記のうえ、同枠に“『エターナル・サンシャン』プレゼント希望”と必ず書いて送信して下さい。

 締め切りは、3月30日(水)。多数のご応募をお待ちしております! なお当選者の発表は発送をもって替えさせていただきます。当選についてのお問い合わせはご遠慮ください。

*応募は締め切らさせて頂きました。たくさんのご応募、ありがとうございます。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015