ニュース

マルーン5の新作は、またもやライヴ盤!オアシスのカヴァーも

2005/07/19掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 前身バンド、カーラズ・フラワーズでも光っていた良質なポップ・センスを軸に、ファンクやR&Bに影響されたグルーヴィなロック・サウンドを披露する、米ロサンゼルス出身の5人組、マルーン5。日本でも収録曲がノエビアのCMで使われて話題を集めるなど、デビュー作『ソングス・アバウト・ジェーン』(写真)がワールドワイドでの評判を集めた彼ら。その彼らの新作はまたもやライヴ・アルバムとなるそうです。

 昨年発表されたアコースティック・ライヴの模様を中心にしたミニ・アルバム『1.22.03.ACOUSTIC』に続くライヴ盤第2作となる本作は、まだアルバム・タイトルは決定していないものの、来年に発表されるオリジナル新作収録曲「Wasted Years」や、オアシス「ハロー」のカヴァーなどを収録する予定。地元ではライヴ・バンドとしての人気も得ている彼らの、好演の数々を本作でお楽しみください! リリースはUS盤が9月20日を予定しています。

≪収録予定曲≫
・Shiver
・Through With You
・Tangled
・Harder to Breathe
・The Sun
・Wasted Years
・Secret
・Not Coming Home
・This Love
・Must Get Out
・Sunday Morning
・Sweetest Goodbye
・Hello
・She Will Be Loved
続報
マルーン5のライヴ盤、タイトル&仕様
1:アルバム・タイトルが『Live at the Santa Barbara Bowl』となった模様です。
2:CD+DVD作品としての発売となるそうです。
[ 2005/08/02掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015