ニュース

ノー・ウェイヴの傑作コンピ『ノー・ニューヨーク』が紙ジャケ化!

2005/09/28掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 音楽の概念自体を解体し、音像と音塊のクールな科学反応を追求した“ノー・ウェイヴ”。そのノー・ウェイヴを生んだニューヨーク・アンダーグラウンド・シーンの最深部を見事にすくいあげ、ロック史の残る編集盤として今も根強い人気を誇っている、1978年発表のコンピレーション・アルバム『ノー・ニューヨーク(NO NEW YORK)』(写真)が紙ジャケット仕様となって再登場します!

 本作は、ギターを打奏的な楽器として用いたアート・リンゼイDNA、鬼気迫るジェイムス・チャンスコントーションズ、アングラ・アーティストたちによるマーズ、リディア・ランチのティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークス、そんなニューヨーク・アンダーグラウンド・シーンの先鋭的アーティスト4組がブライアン・イーノのプロデュースにより脱音楽・非音楽の境界線を疾走、その衝撃的内容で“オルタナティヴの極北”とも評される、80年代以降のロックを切り開いた傑作です。

 そんな本作が今回ついに紙ジャケット仕様となって限定発売! 装丁はジャケット・シュリンク仕様で、オリジナル盤の内袋の中に印刷されていた歌詞カードも忠実に再現されています! 紙ジャケット仕様盤(BRIDGE-036 \2,940(税込))は10月10日に発売が予定されていますので、怪物たちの饗宴に再びご注目を!

●『ノー・ニューヨーク(NO NEW YORK)』
01. Dish It Out
02. Flip Your Face
03. Jaded
04. I Can't Stand Myself
05. Burning Rubber
06. The Closet
07. Red Alert
08. I Woke Up Dreaming
09. Helen Fordsdale
10. Hairwaves
11. Tunnel
12. Puerto Rican Ghost
13. Egomaniac's Kiss
14. Lionel
15. Not Moving
16. Size
続報
傑作コンピ『ノー・ニューヨーク』の紙ジャケ、発売日確定
延期になっていた紙ジャケット仕様盤(BRIDGE-036 \2,940(税込))の発売日がついに確定! 発売は12月21日です。限定2,000枚での発売となるそうなので、お買い求めはお早めに!
[ 2005/12/16掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015