ニュース

ア・トライブ・コールド・クエスト『ロウ・エンド・セオリー』の高音質リスニング・セッション、四ツ谷いーぐるで開催

ア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)   2017/03/21 18:19掲載
はてなブックマークに追加
ア・トライブ・コールド・クエスト『ロウ・エンド・セオリー』の高音質リスニング・セッション、四ツ谷いーぐるで開催
 ネット・ラジオ「dublab.jp」が手がけるイベント〈Album Listening Session〉が4月8日(土)、東京・四ツ谷 いーぐるにて開催されます。今回はア・トライブ・コールド・クエストの代表作『ロウ・エンド・セオリー』を特集。

 〈Album Listening Session〉は、“クラシック”とされるアルバムを優れたサウンド・システムで丸々1枚聴くリスニング・イベント。音質的な観点から聴かれることの少ないヒップホップやクラブ・ミュージックを中心に選盤し、都内随一のジャズ喫茶として歴史を重ねてきた、いーぐるのサウンド・システムで再生。“2017年の耳”で音質の側面からアルバムを評価し、その歴史的意義やサウンド・プロダクションについてのトーク・セッションを行ないます。キュレーションおよび司会進行は、「dublab.jp」のスタッフでもあるAZZURROと原 雅明。

 第4回となる今回は、最新のジャズとその周辺の音楽を紹介するムック・シリーズ「Jazz The New Chapter」の監修者・柳樂光隆をゲストに招き、同書でも特集記事が掲載されたア・トライブ・コールド・クエストの代表作『ロウ・エンド・セオリー』を取り上げます。ロン・カーターのベースをフィーチャーした本作のサウンドを中心に、その後のQティップのプロダクションも聴き進める予定。リスニングには、1996年にリリースされたリマスター版2枚組ヴァイナルを使用します。

dublab.jp presents Album Listening Session Vol.4
A Tribe Called Quest『The Low End Theory』

dublab.jp/2017/03/dublab-jp-presents-album-listening-session-vol-4

2017年4月8日(土)
東京 四ツ谷 いーぐる
ホスト: 原 雅明 / AZZURRO
トーク・ゲスト: 柳樂光隆

開場 14:00 / 開始 15:30

料金 1,000円(税込 / 別途ドリンク代)
※予約不要 / 先着順入場
※諸経費を差し引いた売り上げはdublab.jpへの寄付とさせていただきます。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015