ニュース

ア・トライブ・コールド・クエスト『ロウ・エンド・セオリー』の高音質リスニング・セッション、四ツ谷いーぐるで開催

ア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)   2017/03/21 18:19掲載
はてなブックマークに追加
ア・トライブ・コールド・クエスト『ロウ・エンド・セオリー』の高音質リスニング・セッション、四ツ谷いーぐるで開催
 ネット・ラジオ「dublab.jp」が手がけるイベント〈Album Listening Session〉が4月8日(土)、東京・四ツ谷 いーぐるにて開催されます。今回はア・トライブ・コールド・クエストの代表作『ロウ・エンド・セオリー』を特集。

 〈Album Listening Session〉は、“クラシック”とされるアルバムを優れたサウンド・システムで丸々1枚聴くリスニング・イベント。音質的な観点から聴かれることの少ないヒップホップやクラブ・ミュージックを中心に選盤し、都内随一のジャズ喫茶として歴史を重ねてきた、いーぐるのサウンド・システムで再生。“2017年の耳”で音質の側面からアルバムを評価し、その歴史的意義やサウンド・プロダクションについてのトーク・セッションを行ないます。キュレーションおよび司会進行は、「dublab.jp」のスタッフでもあるAZZURROと原 雅明。

 第4回となる今回は、最新のジャズとその周辺の音楽を紹介するムック・シリーズ「Jazz The New Chapter」の監修者・柳樂光隆をゲストに招き、同書でも特集記事が掲載されたア・トライブ・コールド・クエストの代表作『ロウ・エンド・セオリー』を取り上げます。ロン・カーターのベースをフィーチャーした本作のサウンドを中心に、その後のQティップのプロダクションも聴き進める予定。リスニングには、1996年にリリースされたリマスター版2枚組ヴァイナルを使用します。

dublab.jp presents Album Listening Session Vol.4
A Tribe Called Quest『The Low End Theory』

dublab.jp/2017/03/dublab-jp-presents-album-listening-session-vol-4

2017年4月8日(土)
東京 四ツ谷 いーぐる
ホスト: 原 雅明 / AZZURRO
トーク・ゲスト: 柳樂光隆

開場 14:00 / 開始 15:30

料金 1,000円(税込 / 別途ドリンク代)
※予約不要 / 先着順入場
※諸経費を差し引いた売り上げはdublab.jpへの寄付とさせていただきます。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015