ニュース

阿久悠トリビュート第2弾! 『歌鬼2』が発売決定

阿久悠   2009/01/15 15:48掲載
はてなブックマークに追加
 昨年夏にリリースされた第1弾に続き、稀代の作詞家、阿久悠のトリビュート・アルバム第2弾が発売決定! 『歌鬼2 〜阿久悠 VS. フォーク〜』(2枚組スペシャル・エディション:UPCH-20142〜3 税込3,800円、通常盤:UPCH-20144 税込3,000円)は2月4日登場です!

 フォーク・シンガーたちによる阿久悠作品のカヴァー・アルバムとなった本作。顔ぶれは、イルカあがた森魚トワ・エ・モワ因幡晃木村充揮ら豪華なラインナップ。当時、歌謡曲とは一線を画して活躍していたフォーク・シンガーたちが、阿久悠作品を新たな解釈でカヴァー! あっと驚く組み合わせを堪能しましょう。

 さらに、初回盤のスペシャル・エディションには、アルバム参加アーティストがゲスト出演した「齋藤アンコーのオールナイトニッポン〜たいむすりっぷ〜」を特別収録したCDが封入! デビュー当時のエピソードや、今だからこそ話せる誰も知らなかったヒット曲誕生の裏話など、貴重なトークを満載に、当時のヒット曲もオリジナル音源で収録(ワンコーラスのみの収録)! 必携です。


※2月4日発売
●『歌鬼2 〜阿久悠 VS. フォーク〜』
(2枚組スペシャル・エディション:UPCH-20142〜3 税込3,800円)
通常盤:UPCH-20144 税込3,000円)
1. 北の宿から/イルカ(都はるみ/1975.12.1)
2. 津軽海峡・冬景色/あがた森魚(石川さゆり/1977.1.1) 
3. 昨日・今日・明日/ベッツィ&エマ(井上順之/1971.4.25) 
4. 白いサンゴ礁/トワ・エ・モワ(ズー・ニー・ブー/1969.4.1)
5. 京都から博多まで/因幡晃(藤圭子/1972.1.25)
6. 舟唄/りりィ&洋士(八代亜紀/1979.5.25)
7. 雨の慕情/永井龍雲(八代亜紀/1980.4.25)
8. 嫁に来ないか/木村充揮<元・憂歌団>(新沼謙治/1976.6.1)
9. きりきり舞い/尾崎亜美(山本リンダ/1973.12.10)
10. みずいろの手紙/BUZZ(あべ静江/1973.9.20)
11. 五番街のマリーへ/杉田二郎(ペドロ&カプリシャス/1973.10.25)
12. もしもピアノが弾けたなら/渡辺真知子(西田敏行/1981.4.1)
13. 友達よ泣くんじゃない/太田裕美(森田健作/1972.1.25)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015