ニュース

BUCK-TICK、約2年ぶりの全国ツアー〈TOUR2009「memento mori」〉ファイナル!

BUCK-TICK   2009/07/06 14:32掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
BUCK-TICK、約2年ぶりの全国ツアー〈TOUR2009「memento mori」〉ファイナル!
 今年2月にリリースした最新アルバム『memento mori』がオリコンチャート7位と好チャートを記録したBUCK-TICK。満を持して行なわれた全国ツアー〈TOUR2009「memento mori」〉が、7月2日(金)東京都・NHKホールでフィナーレを迎えました。

 4月3日・埼玉県・川口リリアホールからスタートしたこのツアーは、約3ヵ月間かけて全国を駆け回り、全25公演を開催。いまや毎回のライヴが“集大成”ともいえるBUCK-TICK、なかでもツアー最終日となれば、否応無しに期待感は高まる一方。

 定刻より約10分遅れ、ついにライヴがスタート。SEに続き各メンバーがステージに登場、観客はヒートアップ寸前のなか、ヴォーカルの櫻井敦司の姿だけが見えない。変わりにステージ・センターには怪しげな球体が表れ、同時に幻想的な映像が球体に映し出される。

 1曲目となる「真っ赤な夜」のイントロがかき鳴らされ、歌声が響き渡ると、球体が破裂! 中から櫻井が現れ、すでに会場はヒートアップ! 櫻井から「ようこそ よく来て下さいました。本当に今日はありがとうございます。ツアー今日で終わりなんですけど、皆さん最後まで楽しんで下さい。今日はどうぞ宜しくお願い致します」と語られると、それに呼応するかのように観客とバンドの一体感はさらに深く。

 アルバム『memento mori』で魅せた、疾走感溢れた耽美な世界。この内容を象徴するかのような、厳かなステージ・セットをバックに、アッパーな「真っ赤な夜」や「Jonathan Jet-Coaster」、南国リズムを取り入れた異色作「Memento mori」、儚く繊細な「Message」、ギターの今井寿のヴォーカルが印象的な「Les Enfants Terribles」や「スズメバチ」、目と耳でダイレクトにアルバムの世界観を表現するライヴはまさに圧巻。




 本編のラストを飾ったヒット・シングル「HEAVEN」では、壮大な映像と共に曲は進んでいく。冒頭の「真っ赤な夜」から最後の「HEAVEN」まで時間にして約1時間30分。約3ヵ月間続いたこのツアー、見事な完成形を迎え、幕を閉じました。

 9月には〈BUCK-TICK Tour memento mori -REBIRTH-〉と銘打ったツアーも控える、BUCK-TICK。もちろん見逃すべからず!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015