ニュース

サーカス、“POP STEP”シリーズの第3弾『POP STEP BALLAD』をリリース

サーカス(Chorus Group)   2017/01/18掲載(Last Update:17/01/23 13:25)
はてなブックマークに追加
 「ミスター・サマータイム」「アメリカン・フィーリング」の大ヒットで知られるヴォーカル・グループ、サーカスが、2015年にスタートした“POP STEP”シリーズの第3弾となる『POP STEP BALLAD』(SCAC-008 1,852円+税)を1月25日(水)にリリース。

 『POP STEP JAZZ』『POP STEP BOSSA』に続く『POP STEP BALLAD』は、「ミスター・サマータイム」を編曲した前田憲男をはじめ、島 健佐山雅弘国府弘子鈴木和郎佐山こうたという6人のピアニストとコラボレーション。サーカスのハーモニーとピアノの音色、その息づかいまでもがダイレクトに伝わるよう、本作のテーマには“BALLAD(バラード)”が選ばれました。作詞家陣には竜 真知子、松井五郎岩里祐穂、伊藤靖朗といった豪華作家が顔を揃えています。

 アルバムのクロージング「さよなら“As time goes by”」では、6人のピアニストが全員参加し、佐山雅弘・こうたの初の親子共演も実現。「POP STEP」シリーズのテーマである“繋ぐ”の通り、ジャンルや世代を繋ぐアルバムとなっています。

 なおオフィシャルFacebookでは、各メンバーによるアルバム紹介や、全曲紹介などの映像が公開されています。

■2017年1月25日(水)発売
サーカス
POP STEP BALLAD

SCAC-008 2,000円税込

[収録曲]
01. 桜色のみち
02. 夢の場所まで
03. Unchanging
04. あの日のように
05. Endless Melody
06. さよなら“As time goes by”
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015