ニュース

デフ・レパードが3月に新作を発表

デフ・レパード(Def Leppard)   2008/01/21掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 英国のハード・ロック・バンド、デフ・レパードが新作の発売日を明らかにしました。アルバム・タイトルは『Songs from the Sparkle Lounge』となり、英国で3月17日、その他の地域では3月18日にリリースされることになっています。ただし、これは暫定的な日程であり、変更の可能性もあるとのこと。とはいえ、3月27日からはツアーに出ることが決まっており、その前には発売するとしていますので、大幅に遅れることはなさそうです。ちなみに1stシングルは「Nine Lives」というナンバー。この曲にはカントリー・シンガーのティム・マッグロウがゲスト参加しています。

 彼らは2006年にカヴァー・アルバム『Yeah!〜イエーイ!』をリリースしているものの、オリジナル・アルバムは2002年の『X』(写真)以来、約6年ぶり。相変わらずの寡作ですが、その仕上がりに期待しましょう。なお、3月27日からの北米ツアーをともに廻るのはスティクスREOスピードワゴン、5月からの欧州ツアーにはホワイトスネイクとのダブル・ヘッドライナー・ショウが含まれるなど、80年代を知るファンには魅力的な組合せになっています。
続報
デフ・レパードの新作、発売が5月に変更
 3月リリースとされていたデフ・レパードの新作『Songs from the Sparkle Lounge』ですが、5月まで発売が延期となりました。英国で5月5日、米国では5月6日に設定。その他の地域でも5月6日になるのではないか、とされています。また、仮のタイトルながら収録曲が発表されました。

・Nine Lives
・C'mon C'mon
・Go
・Love
・Cruise Control
・Bad Actress
・Hallucinate
・Tomorrow
・Come Undone
・Only the Good Die Young
・Give It Away
※曲順未定
[ 2008/02/04掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015