ニュース

DREAM THEATER最新作『Black Clouds & Silver Linings』いよいよ発売!

ドリーム・シアター(Dream Theater)   2009/06/23 15:24掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 “プログレッシヴ・メタル”を世界に知らしめたパイオニアにして最高峰、人気、実力共に他の追従を許さないスーパー・バンド、DREAM THEATER(ドリーム・シアター)。2007年の前作『Systematic Chaos』Roadrunner records移籍第2弾、10thアルバム『Black Clouds & Silver Linings』がいよいよリリース! 通常盤(RRCY-21342 税込2,548円)、デラックス・エディション(RRCY-29185〜7 税込4,200円)の2タイプ(内容については過去ニュース参照!)で6月24日発売。

 名作『Awake』を思わせる美しいアートワークに、今か今かと胸をときめかせているファンが多いことであろう本作。前作に引き続き、“ファンが好きな要素を全て抽出して、1つにまとめた作品”とMike Portnoyはコメントしていますが、聴き始めればこれまでにないチャレンジが滲み出ているのが如実に窺えるはず。近作のエモーショナルなメロディと『Train Of Thought』でのダークネスが高次で融合したかの如き楽曲群はもちろん、個人的体験をもとにリアリティを追求したパーソナルな歌詞は、良い意味でバンドが外に開いているように感じられます。

 長編曲のみで構成された全6トラックからは、“大作主義”という言葉は浮かびません。メンバー全員と親しかったMikeの実父Howard Portnoyの死を乗り越え、卓越したアレンジ力と情熱で1曲1曲丹念に制作されたことが伝わってくる10枚目の節目に相応しい作品。タイトルの持つ意味はそこに込められています。


オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」
[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』
[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』
[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち[インタビュー] こいつガチだ――覚悟を決めたCANDY GO!GO!の自信作『IDOROCK』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015