ニュース

DREAM THEATER最新作『Black Clouds & Silver Linings』いよいよ発売!

ドリーム・シアター(Dream Theater)   2009/06/23 15:24掲載
はてなブックマークに追加
 “プログレッシヴ・メタル”を世界に知らしめたパイオニアにして最高峰、人気、実力共に他の追従を許さないスーパー・バンド、DREAM THEATER(ドリーム・シアター)。2007年の前作『Systematic Chaos』Roadrunner records移籍第2弾、10thアルバム『Black Clouds & Silver Linings』がいよいよリリース! 通常盤(RRCY-21342 税込2,548円)、デラックス・エディション(RRCY-29185〜7 税込4,200円)の2タイプ(内容については過去ニュース参照!)で6月24日発売。

 名作『Awake』を思わせる美しいアートワークに、今か今かと胸をときめかせているファンが多いことであろう本作。前作に引き続き、“ファンが好きな要素を全て抽出して、1つにまとめた作品”とMike Portnoyはコメントしていますが、聴き始めればこれまでにないチャレンジが滲み出ているのが如実に窺えるはず。近作のエモーショナルなメロディと『Train Of Thought』でのダークネスが高次で融合したかの如き楽曲群はもちろん、個人的体験をもとにリアリティを追求したパーソナルな歌詞は、良い意味でバンドが外に開いているように感じられます。

 長編曲のみで構成された全6トラックからは、“大作主義”という言葉は浮かびません。メンバー全員と親しかったMikeの実父Howard Portnoyの死を乗り越え、卓越したアレンジ力と情熱で1曲1曲丹念に制作されたことが伝わってくる10枚目の節目に相応しい作品。タイトルの持つ意味はそこに込められています。


※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015