ニュース

深川麻衣、山下健二郎出演、映画「パンとバスと2度目のハツコイ」2018年2月公開

深川麻衣   2017/09/25 15:22掲載
はてなブックマークに追加
深川麻衣、山下健二郎出演、映画「パンとバスと2度目のハツコイ」2018年2月公開
 昨年乃木坂46を卒業した一期生メンバー、深川麻衣が劇映画初出演にして初主演を務めた「パンとバスと2度目のハツコイ」(監督・脚本: 今泉力哉)が2018年2月17日(土)に公開。共演は、山下健二郎三代目 J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生勇翔音月 桂ら。本作は10月25日(水)〜11月3日(金)に亘って行われる第30回〈東京国際映画祭〉に特別招待作品として出品されることが決定しており、期間中にはワールドプレミア上映も実施予定です。

 パン屋で働く“恋愛こじらせ女子”な主人公を深川麻衣が演じ、結婚をテーマにしたコミカルな恋愛群像劇が繰り広げられる「パンとバスと2度目のハツコイ」。主題歌はヴォーカリストLeolaの書き下ろし曲「Puzzle」に決定しています。ポスター・ヴィジュアルは、『カケラ』(監督: 安藤モモ子)や、クリープハイプのCDジャケットなど、様々なジャンルの作品を手掛けているグラフィック・デザイナーの松本弦人がデザインを担当しています。

拡大表示拡大表示拡大表示

登場人物達が、今泉監督の描く、あたたかく繊細な時間の中で、色々な「好き」の形を模索していく作品です。劇中に出てくる人達は、みんなどこまでも正直で愛嬌があって、とても魅力的でした。
映画の撮影は、私にとってこの作品が初めてだったので、自分の中でも凄く大切な作品になりました。
東京国際映画祭へ出品されるという事で、1人でも多く、たくさんの方の元へこの映画が届いたら嬉しいです!

――深川麻衣

本作に参加しての感想
今泉監督の世界観を肌で感じる事ができたので自分にとってとても貴重な時間でした!役者をやるにあたって何かとても大切な物を得た作品だったので感謝しております。自分にはない引き出しが増えたような気がします。

お客様への見所
全く異なる恋愛観を持つ2人の人間模様です。モヤモヤした感じ、ホッコリ出来る場面などがあり色々と想像をかきたてられる作品となっています。

――山下健二郎

これは、私の家の近所にある路線バスの車庫に、洗車機を見つけたところから着想した物語です。
私はいつも、どこか自信がない人、孤独な人、不器用な人などを描きたいと思っていて、今回もそんなお話になっています。
キャストの深川さんはもちろん乃木坂の頃から知っていて、その穏やかさ、真面目そうなところ、気を遣いすぎそうなところなどが(どれもイメージですが)ふみにぴったりだったと思います。山下さんにも同じことを感じました。すごく誠実で実直でどこかチャーミング。たもつそのものだったと思います。ご一緒できて楽しかったです。これはどこにでもいる普通の人々の恋愛話です。ぜひご覧ください。

――今泉力哉監督

この度は、映画「パンとバスと2度目のハツコイ」の主題歌に起用して頂き、本当に光栄です。
とってもピュアで透明感のあるこの映画の世界と、深川麻衣さん演じる主人公の"ふみ"の心の色や表情の奥にある言葉たちを、この曲で表現できていたら嬉しいです!

――Leola


©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

パンとバスと2度目のハツコイ」
2018年2月17日(土)イオンシネマにて全国公開

出演: 深川麻衣 / 山下健二郎(三代目J Soul Brothers) / 伊藤沙莉 / 志田彩良 / 安倍萌生 / 勇翔 / 音月 桂
監督・脚本: 今泉力哉
主題歌: 「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)

配給: 「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015