ニュース

GACKT、被災地へ献花に訪れる

GACKT   2012/03/12 16:50掲載
はてなブックマークに追加
GACKT、被災地へ献花に訪れる
 東日本大震災からちょうど一年がたった3月11日、GACKTが被災地へ赴き、献花を捧げました。

 GACKTは震災直後に自ら発起人となり、国内外の著名人、芸能人、スポーツ選手などに呼びかけ、宮城県仙台市にチャリティNGOとして「一般社団法人SHOW YOUR HEART基金」を設立。震災直後の3月末には日本内外約130ヵ所にて街頭募金活動を一斉に実施するなど、総額約2億円を越える義援金を日本赤十字社へ寄付。これまでにも何度となく被災地に足を運び、継続的な被災地復興支援に取り組んできました。

 そして、震災から1年のこの日、同じく「SHOW YOUR HEART」の発起人でもあるタレントで俳優の川崎麻世と、GACKT自身のバンド、YELLOW FRIED CHICKENzのメンバーと共に大船渡市、陸前高田市、南三陸町を訪れ、献花を行ないました。地震が発生した14:46には南三陸町のベイサイドアリーナで行なわれた追悼式に参列し、1分間の黙祷へ。

 GACKTは、「3.11という日は、被災地の方たちには忘れられない日。僕たち生かされた者たちには忘れてはならない日。まず自分たちがこうやって生きていることに感謝し、亡くなられた人たちが出来なかったことを、残された仲間たちとともに背負い、今を歩いて行くこと、その気持ちを亡くなられた方たちに手を合わせ伝えることが、今日この3.11という日にしなければならないことではないのか。この1年で復興が着実に進んでいる光景がよくメディアで取り上げられるけれども、実際はまだまだ手つかずで、ほとんど1年前と変わっていない場所がたくさんある。この現実を1人でも多くの人に知ってもらいたい。そして、決して震災を風化させてはならない、1日でも早く復興させることを、一人一人が再認識しなければならない日なんだ」と想いを語っています。


GACKT


 14日にリリースする自身のバンドYELLOW FRIED CHICKENzの1stアルバム『YELLOW FRIED CHICKENz I』でも、「時の流れとともに震災を風化させてはならない」という想いのもと制作、アルバムにも収録される「また、ここで逢いましょッ」のミュージック・ビデオを被災した仙台の小学校にて撮影。今後もまだ終わることのない復興支援活動に、変わらぬ精神で取り組んでいくとのこと。なお、YELLOW FRIED CHICKENzの活動における収益の一部は、東日本大震災をはじめとする様々な遺児のサポートのために、「一般社団法人SHOW YOUR HEART基金」を通じ、あしなが育英会および各支援団体へ寄付されています。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015