ニュース

ゴーゴー・ペンギン、最新作『ア・ハムドラム・スター』から「バルドー」のMVを公開

ゴーゴー・ペンギン   2018/02/02 12:21掲載
はてなブックマークに追加
ゴーゴー・ペンギン、最新作『ア・ハムドラム・スター』から「バルドー」のMVを公開
 UKマンチェスター発のアコースティック・エレクトロ・トリオ、ゴーゴー・ペンギン(GO GO PENGUIN)が、2ndアルバム『ア・ハムドラム・スター』(UCCQ-1080 2,300円 + 税)を2月9日(金)に世界同時リリース。同作より最新ミュージック・ビデオ「バルドー」がYouTubeなどで公開されています。

 チベット仏教における死と再生との中間的、過度的、限定的な状態を意味する言葉“バルドー”の世界観を描くMVは、ドキュメンタリー映画などでも活動するゴーゴー・ペンギンと同郷マンチェスター出の身映像作家アントニー・バークワース・ナイトが監督。ゴーゴー・ペンギンとは4年にわたってタッグを組み、これまでにも前作『マン・メイド・オブジェクト』収録曲「オール・レス」「ブランチェズ・ブレイク」などの映像作品を手がけています。

 ゴーゴー・ペンギンは最新アルバムを携え、2月19日(月)〜21日(水)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYO、2月22日(木)愛知・名古屋 BLUE NOTEにて来日公演を開催。加えて、6月に開催されるアメリカ最大級の音楽フェス〈ボナルー・フェスティバル〉への初出演も発表されています。



■2018年2月9日(金)世界同時発売
ゴーゴー・ペンギン
ア・ハムドラム・スター

UCCQ-1080 2,300円 + 税

[収録曲]
01. プレイヤー
02. レイヴン
03. バルドー
04. ア・ハンドレッド・ムーンズ
05. ストリッド
06. トランジェント・ステート
07. リターン・トゥ・テキスト
08. リアクター
09. ウィンドウ
10. ソー・イット・ビギンズ
11. ア・ハンドレッド・ムーンズ(オルタナティヴ・ヴァージョン)
12. ディス・アワー *
* 日本盤のみボーナス・トラック

ゴーゴー・ペンギン
来日公演


2018年2月19日(月)〜21日(水)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
www.bluenote.co.jp/jp/artists/gogo-penguin

2018年2月22日(木)
愛知 名古屋 BLUE NOTE
www.nagoya-bluenote.com/schedule/201802.html
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015