ニュース

故ハリー・ディーン・スタントン出演映画「ラッキー」2018年3月から日本公開

ハリー・ディーン・スタントン(Harry Dean Stanton)   2017/12/27 13:06掲載
はてなブックマークに追加
故ハリー・ディーン・スタントン出演映画「ラッキー」2018年3月から日本公開
 ロード・ムービーの名作として知られる『パリ、テキサス』(1984年)など多くの映画に出演し、2017年9月に逝去した俳優ハリー・ディーン・スタントンにとって最後の出演作品となる「ラッキー」が2018年3月17日(土)より、東京・新宿 シネマカリテ、アップリンク渋谷などで公開されます。

 90歳の気難しい現実主義者である主人公“ラッキー”は、本作で初めて監督を務めたジョン・キャロル・リンチがハリー・ディーン・スタントンの人生になぞらえて当て書きしたキャラクター。劇中に登場するエピソードもスタントンの体験に基づくものとのこと。また劇中には“ラッキーの友人”役として、映画監督のデヴィッド・リンチが出演。実際に友人であるスタントンとのシーンでは“素”の表情もうかがえる自然体の姿を披露しています。

「ラッキー」

©2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

「ラッキー」
2018年3月17日(土)、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

[あらすじ]
神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲みタバコをふかす。いつものバーでブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちと過ごす。そんな毎日の中でふと、人生の終わりが近づいていることを思い知らされた彼は、「死」について考え始める。子供の頃怖かった暗闇、去っていったペットの亀、戦禍で微笑んだ日本人の少女――小さな街の人々との交流の中で、ラッキーは「それ」を悟っていく。

監督: ジョン・キャロル・リンチ
出演: ハリー・ディーン・スタントン / デヴィッド・リンチ / ロン・リビングストン / エド・ベグリー・ジュニア / トム・スケリット / べス・グラント / ジェイムズ・ダレン / バリー・シャバカ・ヘンリー


配給・宣伝: アップリンク
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015