ニュース

市川 崑監督のドキュメント映画『第50回全国高校野球選手権大会 青春』が初めてDVD化

市川崑   2017/06/19掲載(Last Update:17/06/22 13:52)
はてなブックマークに追加
 多くの名作で知られる映画監督・市川 崑が、1968年に行われた“夏の甲子園”の模様を記録したドキュメント映画『第50回全国高校野球選手権大会 青春』が初めてDVD化(HPBN-66 4,000円 + 税)。8月2日(水)の発売が決定しています。

 1968年に『ドリフターズですよ!冒険冒険また冒険』と共に同時上映されるも、その後はパッケージ化されることなく“幻の傑作”となっていた『第50回全国高校野球選手権大会 青春』は、当時の朝日新聞社と高校野球連盟が全面的に協力し、夏の甲子園・第50回の記念大会を圧倒的なスケールで映画化した作品。脚本・制作には、同じく市川作品の『東京オリンピック』(1965年)を手掛けたスタッフが携わり、高校球児を全国規模で克明に撮影。前年の冬の練習から甲子園大会までを追いかけた、“青春”をテーマにした壮大なモニュメントとなっています。

 今回のDVD化にあたり、“興南旋風”と呼ばれるなど沖縄・興南高校が劇的な試合を展開した50回大会で、主将としてチームを率いた我喜屋 優(現・興南高校監督)による音声コメンタリーを特別収録。監督として甲子園春夏連覇を達成し今に至る“原点”について語っています。

 なお、DVD発売に先駆け、7月14日(金)には東京・有楽町朝日ホール(有楽町マリオン内)で、小西康陽と映画評論家・ミルクマン斉藤のアフター・トーク付き特別上映イベント〈市川崑の60年代レア作品「青春」をフィルムで観てから、「黒い十人の女」の頃の話もしてしまう会(特製Zine付き)。〉を開催。当日はDVDの限定先行販売も実施予定です。

©朝日新聞社

市川崑の60年代レア作品「青春」をフィルムで観てから、「黒い十人の女」の頃の話もしてしまう会(特製Zine付き)。
2017年7月14日(金)
東京 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン内)
開場 17:30 / 開演 18:30 / 終演 21:00
2,500円(税込 / 特製Zine付き)
ciy.asahi.com/ciy/10000167

イベントスケジュール
第一部 18:30〜20:10 上映
第二部 20:10〜21:00 トークイベント 小西康陽(音楽家)×ミルクマン斉藤(映画評論家)他
※当日会場にてDVDの限定先行販売を実施
お問い合わせ 朝日新聞社総合プロデュース室 03-5540-7761
(平日10:00〜17:30のみ)


■2017年8月2日(水)発売
『第50回全国高校野球選手権大会 青春』
DVD HPBN-66 4,000円 + 税

[出演]
1968年全国の高校野球球児 / 及び関係諸氏(ドキュメンタリー)

[スタッフ]
総監督: 市川 崑
総指揮: 広岡知男
製作: 衣奈々喜男 / 菅野長吉
脚本: 井手雅人 / 白坂依志夫 / 伊藤 清 / 谷川俊太郎
撮影監督: 植松永吉
音楽: 山本直純
録音: 大橋鉄矢
ナレーター: 芥川比呂志
企画: 朝日新聞社
監修: 日本高等学校野球連盟
製作: 衣奈多喜男 / 菅野長吉
製作: 朝日新聞社 / 朝日テレビニュース社
配給: 東宝株式会社


発売: 日活株式会社
販売: ハピネット
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015