ニュース

Kan Sano、アルバム『k is s』に新曲を追加した限定カセットテープをツアー会場で販売

Kan Sano   2017/02/28 15:53掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
Kan Sano、アルバム『k is s』に新曲を追加した限定カセットテープをツアー会場で販売
 キーボーディスト / プロデューサーとして多彩な活動を展開しているKan Sanoが、3月3日(金)の東京・代官山 LOOP公演より全国ツアー〈Magical kiss tour 2017〉をスタート。ツアー会場では、最新アルバム『k is s(キス)』に新曲「夜明けの街」「Wartime Love」を追加収録した、完全数量限定生産のカセットテープ版(1,852円 + 税 / 新曲のダウンロードURL付き)を販売します。

 『k is s』のカセットテープ版ほか、アルバム収録曲「Magic!」の弾き語りヴァージョン“naked ver.”をダウンロードすることのできるメッセージカードや、楽曲のコード譜やピアノ譜をはじめ、楽曲制作時のKan Sano自身のスケッチ、メモなどを掲載したソングブックの販売も決定している〈Magical kiss tour 2017〉。3月3日の代官山 LOOP公演は、『k is s』に参加している七尾旅人、Michael Kaneko、島村智才がゲスト・シンガーとして参加し、観客がバンドを360°取り囲むフロア・ライヴとなるほか、〈Magical Echo 2017〉と題し3月11日(土)に行われる大阪・心斎橋 SUNHALL公演は、Yasei CollectiveBimBomBam楽団jizue向井太一らが出演、ゲスト・プレイヤーとして 門田“JAW”晃介 (BARB / ex-PE'Z)が参加するなど、趣向を凝らしたパフォーマンスが披露される予定です。各公演の詳細はオフィシャル・サイト(kansano.com/)でご確認ください。

今回初めてツアーグッズを作りました。
いま個人的に(世の中的にも?)ジワジワきてるカセットテープ。十代の頃はカセットでデモテープを作っていたし、いまだに愛着があります。
アルバム『k is s』に新曲の“夜明けの街”と“Wartime Love”を加えてパッケージしました。
2曲とも自分の今までの作品の中ではかなりポップな方向性です。全体のバランスを優先して『k is s』には収録しませんでしたが、とても気に入っています。
“Wartime Love”は大島渚監督の「愛のコリーダ」を思い出しながら書いた歌、今何かと話題の不倫や駆け落ちをテーマにしたハイスピードのメロウラブソングです。“夜明けの街”は遠くに逝ってしまった大切な人を想う歌です。
A面B面をひっくり返したり、巻き戻したりするカセットのひと手間が最近妙に楽しいです。みなさんにもこの感覚をぜひ味わってもらえたら嬉しいです。新曲はダウンロードURLも付いてます。
自作の楽譜をまとめたSongbookや、「Magic! (naked ver.)」(歌とピアノだけの文字通り丸裸バージョン)をダウンロードできるメッセージカードも作りました。どれも会場でしか手に入らないものです。Don't Miss It!

――Kan Sano

■2016年12月7日(水)発売
Kan Sano
k is s

CD OPCA-1031 2,300円 + 税

[収録曲]
01. Penny Lane
02. Magic!
03. Reasons feat. Michael Kaneko
04. C'est la vie feat. 七尾旅人
05. lovechild
06. Can't Stay Away feat. Maylee Todd
07. Momma Says feat. 島村智才
08. LAMP
09. と び ら
10. Awake Your Mind
11. Let It Flow
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015