ニュース

吉川 友が大森靖子・アカシックとタッグを組んだ「DISTORTION / ときめいたのにスルー」のMV公開

吉川友   2017/12/26 16:07掲載
はてなブックマークに追加
吉川 友が大森靖子・アカシックとタッグを組んだ「DISTORTION / ときめいたのにスルー」のMV公開
 2018年1月17日(日)に吉川 友が12枚目のシングル「DISTORTION / ときめいたのにスルー」をリリース。2曲のミュージック・ビデオが公開されています。

 10枚目のシングル「歯をくいしばれっっ! / チャーミング勝負世代」を制作した大森靖子アカシックらと、再びタッグを組んだ今回の新曲。理姫(アカシック)が作詞を、奥脇達也(アカシック)が作曲を手がけた「DISTORTION」は、「バンドで盛り上がる」をテーマに制作。理姫と、共通の趣味である釣りに向かい、交流を深めたうえで作詞されたナンバーです。

 大森靖子が作詞作曲を、サクライケンタが編曲を手がけた「ときめいたのにスルー」は、アップテンポな曲調に言葉を詰め込んだ、「大森靖子節」を感じさせるクセの強いリズミカルな一曲。レコーディング時に大森から「吉川友カラー強めで歌って」とオーダーを受け、しゃくり上げる歌い方やリズムの取り方など、研修生時代に叩き込まれた“つんく♂イズム”を存分に織り交ぜたとのこと。今回で大森とのタッグは3作目となり、「芯のブレない女性への成長」を等身大で歌い上げています。


 2曲のMV は、「スルー」というキーワードから、「車」「ヒッチハイク」を軸に、「強い女性」「等身大」をテーマに撮影。それぞれの曲イメージに合わせ、別々で撮影したものの、1本のショート・ムーヴィーのように繋がった作品となっています。

 2018年は、ニュー・シングルの発売を記念したリリース・イベントのほか、定期的に行ってきたバンド・ライヴも積極的に行なっていく予定の吉川 友。あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーが参加する「きっかバンド」としてのライヴ出演も決定しています。詳細はオフィシャル・サイトをご覧ください。

拡大表示拡大表示拡大表示
拡大表示拡大表示


■2018年1月17日(水)発売
吉川友
「DISTORTION / ときめいたのにスルー」


初回生産限定盤A
CD+DVD POCS-9174 2,222 円+税

[CD]
01. DISTORTION
02. ときめいたのにスルー
03. DISTORTION(Instrumental)
04. ときめいたのにスルー(Instrumental)

[DVD]
01. DISTORTION(Music Video)
02. ときめいたのにスルー(Music Video)
03. メイキング映像


初回生産限定盤B
POCS-9175 1,204円 + 税

[収録曲]
01. DISTORTION
02. ときめいたのにスルー
03. 華麗なる大変身(ボーナストラック)
04. DISTORTION(Instrumental)
05. ときめいたのにスルー(Instrumental)


通常盤
POCS-1668 1,000円 + 税

[収録曲]
01. DISTORTION
02. ときめいたのにスルー
03. DISTORTION(Instrumental)
04. ときめいたのにスルー(Instrumental)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015