ニュース

舞花、1stアルバム『Possible』発売記念ツアー・ファイナル!

舞花   2010/08/06 13:33掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
舞花、1stアルバム『Possible』発売記念ツアー・ファイナル!
 今年4月にメジャー・デビューを果たし、6月30日には1stアルバム『Possible』をリリースした熊本出身19歳のシンガー・ソングライター、舞花。8月5日に、1stアルバム購入者を対象とした完全招待制ライヴ・ツアー・ファイナルを、東京・渋谷にて開催しました。

 舞花の出身地・熊本、大阪に続き開催されたこの日の東京ライヴは満員! 大きな拍手に迎えられた舞花は真っ赤なギターを持ってステージに登場し、「今日はとっても楽しみにしてきたので、みんなも楽しんで行ってください!」と挨拶すると、客席からは大きな歓声が!

 この日のライヴではバンドを引き連れ、メジャー・デビュー曲「never cry」から、「教えてよ 〜miseducation〜」など、疾走感溢れるロック・ナンバーから聴かせるバラードまで、1stアルバムの曲を中心に披露。ライブ中盤には「6月にアルバムを発売したばかりですが、今日は新曲を持ってきました! しかも2曲!」と発表、このツアーで初お披露目となった「心」「スコール」の2曲を立て続けに熱唱。その心に染み入る印象的な歌声は、会場を訪れた観客を一様に魅了し、誰しもが舞花の紡ぎ出す歌に酔いしれる。

 1曲歌い終わるごとに「ありがとう」と伝える舞花に、客席からは常に暖かい拍手が贈られたこの日のライヴ。オーディエンスからの鳴り止まない声援に、舞花は計2回のアンコールで応えるなど、これまで自分を支えてくれたファンたちに精一杯の感謝の気持ちを伝えました。

 なお現在、舞花は、未発表曲「だって」着うた(R)の無料ダウンロードを実施中。これは、8月5日から8月31日にかけて実施されるユニバーサルミュージックの舞花無料メルマガ購読者対象のスペシャル・プレゼントで、期間中の新規登録でもダウンロードは可能とのことなので、ぜひチェックを。


舞花
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015