ニュース

マーク・ターナー、マーカス・ギルモアら気鋭メンバーを率いて4月に来日決定

マーク・ターナー   2017/03/16 14:41掲載
はてなブックマークに追加
マーク・ターナー、マーカス・ギルモアら気鋭メンバーを率いて4月に来日決定
 2014年にECMよりリリースしたアルバム『Lathe of Heaven』(輸入盤)がロングセラーを続ける現代ジャズ・テナー・サックスの重鎮、マーク・ターナー(Mark Turner)が、ラーゲ・ルンド(g)、ジョー・サンダース(b)、マーカス・ギルモア(dr)という気鋭メンバーを率いて4月に来日。4月18日(火)から21日(金)までの4日間、東京・丸の内 COTTON CLUBにて公演を行ないます。

 オハイオ州出身のターナーはカリフォルニア州で育ち、1990年代初頭からニューヨークのジャズ界で活躍。ジョシュア・レッドマンカート・ローゼンウィンケルトム・ハレルらと共演を重ね、サックス・トリオ“フライ”での活動も継続させ、単独リーダー・アルバムも多数リリースしています。ブラッド・メルドーが「温かく、深い優しさをたたえた誘惑の味」と形容した唯一無二のサックスの音色、さらに磨きのかかったコンポジションの数々を、現代ジャズを代表するメンバーとともに披露してくれそうです。

 座席の予約は3月18日(土)から受付開始。詳しくはCOTTON CLUBのオフィシャル・サイトをご覧ください。



■マーク・ターナー・カルテット・
フィーチャリング・ラーゲ・ルンド, ジョー・サンダース&マーカス・ギルモア
www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/mark-turner

2017年4月18日(火)〜21日(金)
東京 丸の内 COTTON CLUB
チャージ 7,500円(税込 / 飲食代別)
予約受付: 2017年3月18日(土)〜


[メンバー]
マーク・ターナー(ts)
ラーゲ・ルンド(g)
ジョー・サンダース(b)
マーカス・ギルモア(dr)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015