ニュース

注目の女性トランペッターが登場! 宮脇裕子初のリーダー作をリリース

宮脇裕子   2011/01/11 15:39掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
注目の女性トランペッターが登場! 宮脇裕子初のリーダー作をリリース
 鈴木勲グループへの在籍経験もある、ライヴ・シーンでさまざまなアーティストと共演を重ねている新鋭トランペッター宮脇裕子が、初のリーダー・アルバム『Song Of Flower』(DQC-614 税込2,800円)を1月26日にリリース。

 ゲストに大口純一郎(p)を迎えたクインテットでの演奏で、古謡「さくらさくら」をジャズ・アレンジしたり、幅広いバリエーションを聴かせるオリジナル・ナンバーを収録するなど、プレイヤーとしてもソング・ライターとしても個性を発揮した仕上がりとなっています。

 テナー奏者の寺久保エレナをはじめ、活況を呈する日本の女性管楽器奏者のなかから、新たな才能の登場を感じさせる一枚です。


※1月26日発売
宮脇裕子
『Song Of Flower』(DQC-614 税込2,800円)

[収録曲]
01.Sakura
02.Not Yet(Yuko Miyawaki)
03.El Choclo(Angel Villoldo)
04.Song of Flower(Yuko Miyawaki)
05.Summer Night(Harry Warren)
06.Little Prayer(Yuko Miyawaki)
07.Catch-22(Yuko Miyawaki)
08.I'm Glad There Is You(Jimmy Dorsey, Paul Madeira)
09.It Ain't Necessarily So(George Gershwin)
10.Little Julia(Yuko Miyawaki)
11.Talking Back!(Yuko Miyawaki)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編]
[インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015