ニュース

注目の女性トランペッターが登場! 宮脇裕子初のリーダー作をリリース

宮脇裕子   2011/01/11 15:39掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
注目の女性トランペッターが登場! 宮脇裕子初のリーダー作をリリース
 鈴木勲グループへの在籍経験もある、ライヴ・シーンでさまざまなアーティストと共演を重ねている新鋭トランペッター宮脇裕子が、初のリーダー・アルバム『Song Of Flower』(DQC-614 税込2,800円)を1月26日にリリース。

 ゲストに大口純一郎(p)を迎えたクインテットでの演奏で、古謡「さくらさくら」をジャズ・アレンジしたり、幅広いバリエーションを聴かせるオリジナル・ナンバーを収録するなど、プレイヤーとしてもソング・ライターとしても個性を発揮した仕上がりとなっています。

 テナー奏者の寺久保エレナをはじめ、活況を呈する日本の女性管楽器奏者のなかから、新たな才能の登場を感じさせる一枚です。


※1月26日発売
宮脇裕子
『Song Of Flower』(DQC-614 税込2,800円)

[収録曲]
01.Sakura
02.Not Yet(Yuko Miyawaki)
03.El Choclo(Angel Villoldo)
04.Song of Flower(Yuko Miyawaki)
05.Summer Night(Harry Warren)
06.Little Prayer(Yuko Miyawaki)
07.Catch-22(Yuko Miyawaki)
08.I'm Glad There Is You(Jimmy Dorsey, Paul Madeira)
09.It Ain't Necessarily So(George Gershwin)
10.Little Julia(Yuko Miyawaki)
11.Talking Back!(Yuko Miyawaki)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め
[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの
[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの
[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち[インタビュー] お箏ほどしっくりくる楽器はない――筝曲界の新星LEO、箏の可能性を追求するデビュー・アルバム
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015