ニュース

【試写会ご招待】マッドハウス制作のアニメーション映画「きみの声をとどけたい」8月公開

NOW ON AIR   2017/06/19掲載(Last Update:17/06/30 17:35)
はてなブックマークに追加
【試写会ご招待】マッドハウス制作のアニメーション映画「きみの声をとどけたい」8月公開
 『サマーウォーズ』『マイマイ新子と千年の魔法』などを手がけたアニメ制作会社、マッドハウスが制作したオリジナル・アニメーション映画「きみの声をとどけたい」が8月25日(金)より東京・TOHOシネマズ新宿ほか全国で公開されます。

 “声の力”をテーマにした本作は、主人公の女子高生“行合なぎさ”が何年も使われていないミニFMラジオ局で、ディスクジョッキーの真似をしたことから物語が進んでいく、神奈川・湘南を舞台にした青春ドラマです。なぎさの声を務めたのは、新世代声優を発掘する〈キミコエ・オーディション〉で選ばれたメンバー6人からなる声優ユニット“NOW ON AIR”の片平美那。片平以外の“NOW ON AIR”のメンバーもメイン・キャストに名を連ねているほか、シンガーとしても活躍する三森すずこが出演。監督を『劇場版総集編 オーバーロード』シリーズで知られる伊藤尚往が務めています。


[試写会ご招待]
同作の公開を記念し、2017年8月9日(水)に東京・有楽町 よみうりホールにて行なわれる一般試写会にCDジャーナル読者5組10名様をご招待。プレゼント・コーナーより奮ってご応募ください。
応募締切り: 2017年7月30日(木)
 
「きみの声をとどけたい」一般試写会
2017年8月9日(水)
東京・有楽町 よみうりホール
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7F
開場 18:00 / 開映 18:30(上映時間94分)

「きみの声をとどけたい」
2017年8月25日(金)より全国で公開
kimikoe.com/movie

[あらすじ]
海辺の町、日ノ坂町に暮らす高校生の行合なぎさは、小さい頃に祖母から聞かされた“コトダマ”の話を今も信じていた。なぎさには3人の幼馴染がいる。ラクロス部仲間のかえで、お菓子作りが得意な雫、そして今は別の高校に通う浜須賀家のお嬢様の夕。でも、かえでと夕は顔をあわせるといつも口論になってしまい、なぎさは、それがストレスにもなっていた。ある日、なぎさはミニFMステーション設備が整った使われていない喫茶店アクアマリンに入り込み、出来心からDJの真似事をしてしまうが、偶然にも“声”が放送されていたのだ。その声を聞いた一人は、ある理由から日の坂町を訪れていた矢沢紫音。なぎさは、紫音、かえで、雫と一緒にミニFM・ラジオアクアマリンからの放送を本格的に始めることになるが、ある日、アクアマリンが取り壊されてしまうことが明らかになり――

監督: 伊藤尚往
脚本: 石川 学
キャラクターデザイン: 青木俊直
アニメーションキャラクターデザイン: 高野 綾
制作: 東北新社 / マッドハウス
出演: 片平美那 / 田中有紀 / 岩淵桃音 / 飯野美紗子 / 神戸光歩 / 鈴木陽斗実 / 三森すずこ / 梶 裕貴 / 鈴木達央 / 野沢雅子


配給: 東北新社
©2017「きみの声をとどけたい」製作委員会
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015