ニュース

【試写会ご招待】マッドハウス制作のアニメーション映画「きみの声をとどけたい」8月公開

NOW ON AIR   2017/06/19掲載(Last Update:17/06/30 17:35)
はてなブックマークに追加
【試写会ご招待】マッドハウス制作のアニメーション映画「きみの声をとどけたい」8月公開
 『サマーウォーズ』『マイマイ新子と千年の魔法』などを手がけたアニメ制作会社、マッドハウスが制作したオリジナル・アニメーション映画「きみの声をとどけたい」が8月25日(金)より東京・TOHOシネマズ新宿ほか全国で公開されます。

 “声の力”をテーマにした本作は、主人公の女子高生“行合なぎさ”が何年も使われていないミニFMラジオ局で、ディスクジョッキーの真似をしたことから物語が進んでいく、神奈川・湘南を舞台にした青春ドラマです。なぎさの声を務めたのは、新世代声優を発掘する〈キミコエ・オーディション〉で選ばれたメンバー6人からなる声優ユニット“NOW ON AIR”の片平美那。片平以外の“NOW ON AIR”のメンバーもメイン・キャストに名を連ねているほか、シンガーとしても活躍する三森すずこが出演。監督を『劇場版総集編 オーバーロード』シリーズで知られる伊藤尚往が務めています。


[試写会ご招待]
同作の公開を記念し、2017年8月9日(水)に東京・有楽町 よみうりホールにて行なわれる一般試写会にCDジャーナル読者5組10名様をご招待。プレゼント・コーナーより奮ってご応募ください。
応募締切り: 2017年7月30日(木)
 
「きみの声をとどけたい」一般試写会
2017年8月9日(水)
東京・有楽町 よみうりホール
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7F
開場 18:00 / 開映 18:30(上映時間94分)

「きみの声をとどけたい」
2017年8月25日(金)より全国で公開
kimikoe.com/movie

[あらすじ]
海辺の町、日ノ坂町に暮らす高校生の行合なぎさは、小さい頃に祖母から聞かされた“コトダマ”の話を今も信じていた。なぎさには3人の幼馴染がいる。ラクロス部仲間のかえで、お菓子作りが得意な雫、そして今は別の高校に通う浜須賀家のお嬢様の夕。でも、かえでと夕は顔をあわせるといつも口論になってしまい、なぎさは、それがストレスにもなっていた。ある日、なぎさはミニFMステーション設備が整った使われていない喫茶店アクアマリンに入り込み、出来心からDJの真似事をしてしまうが、偶然にも“声”が放送されていたのだ。その声を聞いた一人は、ある理由から日の坂町を訪れていた矢沢紫音。なぎさは、紫音、かえで、雫と一緒にミニFM・ラジオアクアマリンからの放送を本格的に始めることになるが、ある日、アクアマリンが取り壊されてしまうことが明らかになり――

監督: 伊藤尚往
脚本: 石川 学
キャラクターデザイン: 青木俊直
アニメーションキャラクターデザイン: 高野 綾
制作: 東北新社 / マッドハウス
出演: 片平美那 / 田中有紀 / 岩淵桃音 / 飯野美紗子 / 神戸光歩 / 鈴木陽斗実 / 三森すずこ / 梶 裕貴 / 鈴木達央 / 野沢雅子


配給: 東北新社
©2017「きみの声をとどけたい」製作委員会
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015