ニュース

ショーン・レノン、8年ぶりの2ndソロ作を9月に発表!

ショーン・レノン(Sean Lennon)   2006/05/31掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ジョン・レノンオノ・ヨーコの息子、ショーン・レノンのニュー・アルバム『Friendly Fire』がいよいよ今秋に発売される予定です。

 ショーンは、98年にビースティ・ボーイズ主宰のグランド・ロイヤルからアルバム『イントゥ・ザ・サン』(写真)でソロ・デビュー。私生活上でも当時パートナーであったチボ・マット本田ゆかをプロデューサーに起用し、ジャズ、ソウル、カントリー、ボサ・ノヴァなどの多彩なサウンドを自由自在に組み合わせたサウンド・プロダクションで、“ただの二世アーティスト”ではない、いちアーティストとしての個性を鮮明に描き出していました。その後は、EP『ハーフ・ホース、ハーフ・ミュージシャン』等の発表はあったものの、2001年のグランド・ロイヤル閉鎖などの影響からか、作品の発表は一時停滞していましたが、今回新たに米Capitol Recordsと契約を結び、約8年ぶりとなるニュー・アルバムを発売します。

 まだ収録曲等の詳細は不明なものの、すでに彼のMySpaceページでは収録が予定されている「Dead Meat」の試聴が開始されていますので、長年にわたり心待ちにしていた方ならぜひとも訪れてみてください。発売は現在までのところ米国にて9月26日に予定されています。
続報
ショーン・レノンの8年ぶりのソロ作、詳細判明
1:レコーディングには、ポール・サイモンの息子Harper、セッション・ドラマーのMatt Chamberlain、Jon Brionらが参加。
2:マーク・ボラン「Would I Be the One」のカヴァーを含む全10曲の収録を予定。収録予定曲は下記のとおり。

『Friendly Fire』
01. Dead Meat
02. Wait for Me
03. Parachute
04. Friendly Fire
05. Spectacle
06. Tomorrow
07. On Again, Off Again
08. Headlights
09. Would I Be the One
10. Falling Out of Love
[ 2006/07/12掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015