ニュース

ジャズ・ピアニスト妹尾美里、宇野亞喜良が描き下ろした“猫ジャケ”絵本CDをリリース

妹尾美里   2016/05/17 11:31掲載
はてなブックマークに追加
ジャズ・ピアニスト妹尾美里、宇野亞喜良が描き下ろした“猫ジャケ”絵本CDをリリース
 ジャズ・ピアニストの妹尾美里が5作目となるニュー・アルバム『ラ・ブランシュ』(MCR-1601 3,800円 + 税)をリリースしました。数々のイラストや絵画で知られるアーティストの宇野亞喜良がこの作品のために描き下ろした猫のイラストを使った絵本 + CDの豪華なアルバムとなっています。

 妹尾は神戸市出身のジャズ・ピアニスト。3歳よりピアノを始め、7歳でウィーン国立音楽大学教授の公開レッスンに特別出場し、高評を得ます。武蔵野音楽大学でクラシックを学ぶものの、ミッシェル・ペトルチアー二の音楽と出会ったことで自由な自己表現の世界に惹かれ、ジャズに転向しました。2008年12月、アルバム『ローズバッド』でアルバム・デビュー。以降、自身で作曲し演奏するスタイルで活動を展開しています。2014年9月にリリースした4thアルバム『アヴェック・ユー』はHMVジャズ・チャートにて1位を獲得。またジャンルを超えたメロディメイカーとして定評があり、同年にはデザイナー、桂 由美のニューヨーク・コレクションのソロ・ピアニストに抜擢され、ショーでの演奏が高く評価されました。

 最新作『ラ・ブランシュ』は妹尾がピアニストの中嶋錠二と“ベーゼンドルファー”2台で奏でた楽曲を中心に、ベーシストの鳥越啓介とのデュオによる楽曲など全13曲を収録。宇野亞喜良が曲ごとのイメージで描き下ろした表情豊かな13の猫たちとともに楽しめる絵本CDとなっています。

■2016年4月27日発売(限定発売)
妹尾美里
『ラ・ブランシュ』

MCR-1601 3,800円 + 税
MCR-1601SHM 3,800円 + 税 / SHM-CD

[収録曲]
01. Chatora
02. U
03. Bonbori
04. Utango
05. Topaz
06. Partire
07. Pavo
08. Franc
09. Sommeiller
10. Babel
11. Neige
12. La Blanche
13. Toma

[演奏]
妹尾美里(p)
中嶋錠二(p)
鳥越啓介(b)

[アートワーク]
イラストレーション: 宇野亞喜良
デザイン: 秋田和徳
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015