ニュース

伝説の和製プログレ・バンド、新月の1stが紙ジャケで再登場

新月   2007/02/15掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 日本のプログレッシヴ・ロック史において、伝説とされる新月のデビュー・アルバム『新月』(写真)が紙ジャケット化されることになりました。発売はMARQUEE/BELLE ANTIQUEより3月25日の予定です。

 この『新月』は、1979年に発表されたバンドにとって唯一のオリジナル・アルバム。名曲「鬼」をはじめ、非常に完成度の高いシンフォニック・ロックが楽しめる傑作です。すでにCD化はされていましたが、現在では2005年に発売されたボックス・セット『新●月●全●史』でのみ入手可能という状態。久々に単独作品として流通することになります。

 今回の紙ジャケは、通常盤(BELLE-071236 税込\3,056)とスペシャル限定盤(BELLE-071235 税込\3,500)の2種類で登場し、その限定盤には未発表写真満載のカラーブックレットを付属。また、輸入盤に帯・ライナーを付けての販売が多いBELLE ANTIQUEですが、今回は国内プレスとなっています。未入手のプログレ・マニアはこの機会をお見逃しなく。なお、ボーナス・トラックなどの追加は予定されていません。


●『新月』収録曲
01. 鬼
02. 朝の向こう側
03. 発熱の街角
04. 雨上がりの昼下がり
05. 白唇
06. 魔笛“冷凍”
07. 科学の夜
08. せめて今宵は
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015