ニュース

伝説の和製プログレ・バンド、新月の1stが紙ジャケで再登場

新月   2007/02/15掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 日本のプログレッシヴ・ロック史において、伝説とされる新月のデビュー・アルバム『新月』(写真)が紙ジャケット化されることになりました。発売はMARQUEE/BELLE ANTIQUEより3月25日の予定です。

 この『新月』は、1979年に発表されたバンドにとって唯一のオリジナル・アルバム。名曲「鬼」をはじめ、非常に完成度の高いシンフォニック・ロックが楽しめる傑作です。すでにCD化はされていましたが、現在では2005年に発売されたボックス・セット『新●月●全●史』でのみ入手可能という状態。久々に単独作品として流通することになります。

 今回の紙ジャケは、通常盤(BELLE-071236 税込\3,056)とスペシャル限定盤(BELLE-071235 税込\3,500)の2種類で登場し、その限定盤には未発表写真満載のカラーブックレットを付属。また、輸入盤に帯・ライナーを付けての販売が多いBELLE ANTIQUEですが、今回は国内プレスとなっています。未入手のプログレ・マニアはこの機会をお見逃しなく。なお、ボーナス・トラックなどの追加は予定されていません。


●『新月』収録曲
01. 鬼
02. 朝の向こう側
03. 発熱の街角
04. 雨上がりの昼下がり
05. 白唇
06. 魔笛“冷凍”
07. 科学の夜
08. せめて今宵は
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015