ニュース

水曜日のカンパネラ、100円CD最新作をタワーレコード限定でリリース

水曜日のカンパネラ   2014/08/05 15:32掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
水曜日のカンパネラ、100円CD最新作をタワーレコード限定でリリース
 今年3月にリリースのミニ・アルバム『シネマジャック』に続き、7月には初のカヴァー集『安眠豆腐』をヴィレッジヴァンガード店舗限定でリリースし、新境地を見せた“水曜日のカンパネラ”。AZUMA HITOMIを迎えた自主企画イベント〈水曜日の視聴覚室 vol.2〉の開催を9月3日(水)に控える同プロジェクトが、100円CD「水曜日のカンパネラdemo5」(TRNW-0064 93円 + 税)をイベント同日の9月3日よりタワーレコード限定で発売。

 両楽曲共に引き続きケンモチヒデフミが制作を担当した「水曜日のカンパネラdemo5」。Burial的サンプル・ワークのダブステップからスタートし、ジャパニーズ・トラディショナル“桃太郎”インスパイアをゆとりシチュエーションに落とし込んだリリックを綴るシンガー・コムアイのキュートな歌唱と共に飛翔感たっぷりのイーヴンキック・パートへと突入する「桃太郎」、水曜日のカンパネラの真骨頂と言えるエピックなテックハウスにドラムンベースのブレイクを交え、レジェンダリー茶道家を近代の哀愁とオーヴァーラップさせた「千利休」の2曲を収録しています。音楽配信サイト「OTOTOY」(ototoy.jp/_/default/p/44574)では、期間限定でのフル試聴が8月5日(水)よりスタート。

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます

[ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ) セルフライナーノーツ]
家でゲーム(ハドソンのPCエンジンが特に好き)ばかりしている友達の少ない桃太郎少年。祖父母に怒られ、急に鬼たいじを命じられてピンチに。
きび団子で仲間を作ろうとするも、誰ももらってくれず途方にくれるというお話。
悲壮感漂うリリックもコムアイのやんちゃボイスでのほほんと聞けます!
空間をたっぷり生かしたポストダブステップ風トラックにクールなピアノアレンジ。
中盤から「き、び、だーん」とダンス教室の先生風かけ声に変わり、
サビでスピリチュアルなコーラスと合体。
脳の処理能力が限界を超え、なぞの神秘的な感動を与えます。
祝祭のカタルシス!
「魂の16連射!」でオーディエンスの心がひとつになるキラーチューンです。


■2014年9月3日(水)発売
水曜日のカンパネラ
「水曜日のカンパネラdemo5」

TRNW-0064 93円 + 税

[収録曲]
01. 桃太郎
02. 千利休

水曜日の視聴覚室 vol.2

2014年9月3日(水)
東京 渋谷 WWW
開場 19:00 / 開演 19:30

[出演]
AZUMA HITOMI x コバルト爆弾αΩ + 中内友紀恵 + 大橋 史
水曜日のカンパネラ x 中山晃子

[チケット]
前売 3,000円 / 当日 3,500円(税込 / 別途ドリンク代)
一般発売: 2014年8月3日(火)〜
ぴあ(P: 237-393) / ローソン(L: 75365) / e+

■2014年7月2日(水)発売
水曜日のカンパネラ
『安眠豆腐』

TRNW-0057 926円 + 税

[収録曲]
01. カンフー・レディー
02. めぐる季節
03. 月灯りふんわり落ちくる夜
04. 星めぐりの歌

[販売店舗]
ヴィレッジヴァンガード(下北沢店 / アメリカ村店 / 岡山LOTZ店)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015