ニュース

Superfly、『Box Emotions』発売記念フリー・ライヴ!

Superfly   2009/09/03 15:53掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
Superfly、『Box Emotions』発売記念フリー・ライヴ!
 2ndアルバム『Box Emotions』をリリースしたSuperfly。アルバム発売日となる9月2日、六本木ヒルズアリーナでフリー・ライヴを開催しました! 前日に急遽ライヴ開催が発表されたにもかかわらず、当日は運良く整理券を手に入れたファンに加え、会場に入りきれなかったファンが開始1時間以上も前から行列に!

 バックスクリーンにカウントダウンが表示され、観客が手拍子する中、オープニングを飾ったのは、アルバム1曲目に収録されている「Alright!!」。ハデハデなライトをバックにSuperflyが登場し、会場は一気にヒートアップ! 勢いそのままに2曲目には「How Do I Survive?」。「こんなにたくさんの人が集まってくれて嬉しいです!アルバム『BOX Emotions』オリコンデイリーチャート1位でした! バンザイ!! 今日は最後まで楽しいライヴにしたいです!」というMCに続き、「やさしい気持ちで」へ。

 この日はスペシャル・ゲストとして、プロデューサーの蔦谷好位置も登場。「愛を込めて花束を」のイントロが流れると大きな歓声があがり、志帆ののびやかな歌声が会場を包む。「恋する瞳は美しい」では、会場は一気にダンス・フロアに様変わり。志帆は「今回のアルバムは私の喜怒哀楽の感情を詰め込んだアルバムで、今後の自分にも残る大好きな作品ができました。ぜひじっくり時間をかけて聴いてください!」と語りました。

 さらに、12月14日に初の武道館公演が決定したことに触れると、会場から「おめでとう!!」の歓声も! 最後に披露されたのは、歌うたびに好きになる曲だという「My Best Of My Life」。この日は4,000人を前に6曲を披露し、記念すべき『Box Emotions』リリースを盛り上げました。ますます勢いの増すSuperfly、今後も目が離せません!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015