banner image
 
ニュース

Superfly、『Box Emotions』発売記念フリー・ライヴ!

Superfly   2009/09/03 15:53掲載
Superfly、『Box Emotions』発売記念フリー・ライヴ!
 2ndアルバム『Box Emotions』をリリースしたSuperfly。アルバム発売日となる9月2日、六本木ヒルズアリーナでフリー・ライヴを開催しました! 前日に急遽ライヴ開催が発表されたにもかかわらず、当日は運良く整理券を手に入れたファンに加え、会場に入りきれなかったファンが開始1時間以上も前から行列に!

 バックスクリーンにカウントダウンが表示され、観客が手拍子する中、オープニングを飾ったのは、アルバム1曲目に収録されている「Alright!!」。ハデハデなライトをバックにSuperflyが登場し、会場は一気にヒートアップ! 勢いそのままに2曲目には「How Do I Survive?」。「こんなにたくさんの人が集まってくれて嬉しいです!アルバム『BOX Emotions』オリコンデイリーチャート1位でした! バンザイ!! 今日は最後まで楽しいライヴにしたいです!」というMCに続き、「やさしい気持ちで」へ。

 この日はスペシャル・ゲストとして、プロデューサーの蔦谷好位置も登場。「愛を込めて花束を」のイントロが流れると大きな歓声があがり、志帆ののびやかな歌声が会場を包む。「恋する瞳は美しい」では、会場は一気にダンス・フロアに様変わり。志帆は「今回のアルバムは私の喜怒哀楽の感情を詰め込んだアルバムで、今後の自分にも残る大好きな作品ができました。ぜひじっくり時間をかけて聴いてください!」と語りました。

 さらに、12月14日に初の武道館公演が決定したことに触れると、会場から「おめでとう!!」の歓声も! 最後に披露されたのは、歌うたびに好きになる曲だという「My Best Of My Life」。この日は4,000人を前に6曲を披露し、記念すべき『Box Emotions』リリースを盛り上げました。ますます勢いの増すSuperfly、今後も目が離せません!
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] [特集] 畠山美由紀『歌で遭いましょう』をアナログで オノ セイゲン(サイデラ・マスタリング)と手塚和巳(東洋化成)によるカッティング現場を覗く[インタビュー] 瞬発力と解析力を駆使した活動――Controversial Spark、1stアルバム『Section I』をリリース
[インタビュー] ジャズ・シンガーmegが東京ブラススタイルとともにアニソンに挑戦したアルバムが完成![インタビュー] サム・リー×東野珠実(笙)、稲葉明徳(篳篥) 英国と日本、2国の伝統音楽が交わる一夜限りのコンサート
[インタビュー] 【伊藤ゴロー Ito Goro】ジャキス・モレレンバウムとともに、アントニオ・カルロス・ジョビンの楽曲を中心に録音したデュオ・アルバムを発表[インタビュー] 森は生きている、さらなる音楽的進化を遂げた2nd アルバム『グッド・ナイト』完成!
[インタビュー] “正解はあるというゲーム”――東京ノイズ・アーキテクトENDON、初のフル・アルバム『Mama』をリリース[インタビュー] 清 竜人25特集: 清 竜人 ロング・インタビュー
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015