ニュース

Superfly、『Box Emotions』発売記念フリー・ライヴ!

Superfly   2009/09/03 15:53掲載
はてなブックマークに追加
Superfly、『Box Emotions』発売記念フリー・ライヴ!
 2ndアルバム『Box Emotions』をリリースしたSuperfly。アルバム発売日となる9月2日、六本木ヒルズアリーナでフリー・ライヴを開催しました! 前日に急遽ライヴ開催が発表されたにもかかわらず、当日は運良く整理券を手に入れたファンに加え、会場に入りきれなかったファンが開始1時間以上も前から行列に!

 バックスクリーンにカウントダウンが表示され、観客が手拍子する中、オープニングを飾ったのは、アルバム1曲目に収録されている「Alright!!」。ハデハデなライトをバックにSuperflyが登場し、会場は一気にヒートアップ! 勢いそのままに2曲目には「How Do I Survive?」。「こんなにたくさんの人が集まってくれて嬉しいです!アルバム『BOX Emotions』オリコンデイリーチャート1位でした! バンザイ!! 今日は最後まで楽しいライヴにしたいです!」というMCに続き、「やさしい気持ちで」へ。

 この日はスペシャル・ゲストとして、プロデューサーの蔦谷好位置も登場。「愛を込めて花束を」のイントロが流れると大きな歓声があがり、志帆ののびやかな歌声が会場を包む。「恋する瞳は美しい」では、会場は一気にダンス・フロアに様変わり。志帆は「今回のアルバムは私の喜怒哀楽の感情を詰め込んだアルバムで、今後の自分にも残る大好きな作品ができました。ぜひじっくり時間をかけて聴いてください!」と語りました。

 さらに、12月14日に初の武道館公演が決定したことに触れると、会場から「おめでとう!!」の歓声も! 最後に披露されたのは、歌うたびに好きになる曲だという「My Best Of My Life」。この日は4,000人を前に6曲を披露し、記念すべき『Box Emotions』リリースを盛り上げました。ますます勢いの増すSuperfly、今後も目が離せません!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015