ニュース

ヴァイオリニストの寺下真理子、メジャー第2弾アルバムをリリース

寺下真理子   2017/02/17 15:47掲載
はてなブックマークに追加
 2015年発表のメジャー・デビュー・アルバム『アヴェ・マリア』(KICC-1166 3,000円 + 税)からおよそ2年を経て、ヴァイオリニスト・寺下真理子がメジャー第2弾となるアルバム『ロマンス』(KICC-1356 3,000円 + 税)を2月22日(水)に発表。

 寺下は5歳よりヴァイオリンを始め、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学を経てブリュッセル王立音楽院修士課程を卒業したヴァイオリニスト。前作『アヴェ・マリア』はハイレゾ配信でチャート1位を獲得し、台湾や韓国でも人気を博すなど、海外(アジア地域)も視野に入れた活動を展開しています。

 メジャー第2弾となる『ロマンス』に収められているのは、エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)の「ニュー・シネマ・パラダイス」やシューマンの「3つのロマンス」から第2曲をはじめ、さまざまな愛のかたちを語る名曲の数々。さらに名ヴァイオリニストのヤッシャ・ハイフェッツ編曲によるブラームス「コンテンプレーション」とポンセ「エストレリータ」、同じく名ヴァイオリニスト / 作曲家でもあったクライスラーの編曲によるファリャの歌劇『はかなき人生』第2幕より「スペイン舞曲第1番」といった作品も収められており、美しくメロディアスな楽曲とヴァイオリンならではの技巧が詰まった楽曲の双方を味わうことができます。

■2017年2月22日(水)発売
寺下真理子
ロマンス

KICC-1356 3,000円 + 税

[収録曲]
01. ブラームス / ハイフェッツ編: コンテンプレーション
02. ファリャ / クライスラー編: 歌劇『はかなき人生』〜「スペイン舞曲第1番」(第2幕)
03. モリコーネ / 深川甫編: ニュー・シネマ・パラダイス
04. ヘス: ラヴェンダーの咲く庭で
05. ショパン / ミルシテイン編: ノクターン第20番嬰ハ短調 (遺作)
06. シューマン: 3つのロマンスop.94〜第2曲
07. ラフマニノフ: ヴォカリーズ
08. マンシーニ / 深川甫編: ひまわり
09. アザラシヴィリ / 深川甫編: 無言歌
10. ヴァヴィロフ / 深川甫編: カッチーニのアヴェ・マリア
11. ストラヴィンスキー: イタリア組曲
12. ポンセ / ハイフェッツ編: エストレリータ

[演奏]
寺下真理子(vn), 須関裕子(p)


寺下真理子
「ROMANCE」CD発売記念&オスカープロモーション所属記念リサイタル

mariko-terashita.com/concerts

2017年3月18日(土)
和歌山 和歌山県立図書館 メディア・アート・ホール
開演 14:00
前売 3,000円 / 当日 3,500円(税込 / 全席自由)

[曲目]
ブラームス / ハイフェッツ編: コンテンプレーション
マンシーニ / 深川 甫編: ひまわり
モリコーネ / 深川 甫編: ニュー・シネマ・パラダイス
ファリャ / クライスラー編: 歌劇『はかなき人生』〜「スペイン舞曲第1番」(第2幕)
プロコフェイエフ: ヴァイオリンソナタ第2番ニ長調op.94bis
アザラシヴィリ / 深川 甫編: 無言歌 他

[演奏]
寺下真理子(vn), 須関裕子(p)


※お申込・お問い合わせ: 和歌山音楽愛好会フォルテ 073-422-4225
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015