ニュース

ザ・クリブス再始動! 3ピースに戻り、約2年半振りとなるニュー・アルバムを日本先行リリース!

ザ・クリブス(The Cribs)   2012/02/16 16:32掲載
はてなブックマークに追加
ザ・クリブス再始動! 3ピースに戻り、約2年半振りとなるニュー・アルバムを日本先行リリース!
 ジョニー・マーの脱退を受け、3ピースバンドとして再始動したUKロック・バンドのザ・クリブス(The Cribs)が、約2年半ぶり通算5作目となるニュー・アルバム『イン・ザ・ベリー・オブ・ザ・ブレイズン・ブル(In The Belly Of The Brazen Bull)』を日本先行で4月25日にリリースすることが決定!

 英ウェイクフィールド出身のゲイリー、ライアン、ロスのジャーマン3兄弟で結成(ゲイリーとライアンは双子)されたクリブスは、2004年に『ザ・クリブス』でデビュー。ローファイ経由の荒削りなUKギター・ロック・サウンドで瞬く間に人気を博し、ここ日本でも熱狂的なファンを抱え、夏フェスや単独公演で度々来日するなど、人気UKロック・バンドとしての地位を確立しています。そして2008年、元ザ・スミスのジョニー・マーが電撃加入を発表し、制作された4作目『イグノア・ジ・イグノラント』は、全英8位を獲得(バンド過去最高位)するなど、大きな話題となりました。

 そしてジョニー・マーの脱退を受け、あらためて3人でのあり方を考え、昨年11月よりレコーディングされた本作。プロデューサーにマーキュリー・レヴのベーシストでMGMTザ・フレーミング・リップスを手掛けるデイヴ・フリッドマン、デイヴィッド・リチャーズ(クイーンデヴィッド・ボウイ他)らを迎え、さらに、スティーヴ・アルビニとも数曲レコーディングするなど、強力布陣で制作されているとのこと。

 そんな意欲作となった新作から、リード曲「Chi-Town」がアメリカの音楽サイト『SPIN』(www.spin.com/articles/first-spin-download-cribs-hard-charging-chi-town)にて公開されました。フリーダウンロードもできるので、気になるファンはいち早くチェックしてみてはいかがでしょうか?




※4月25日 日本先行発売
ザ・クリブス
『イン・ザ・ベリー・オブ・ザ・ブレイズン・ブル』
(品番:TBC 税込2,490円)
※日本盤はボーナストラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付予定
[収録曲]
01. Glitters Like Gold
02. Come On Be A No-One
03. Jaded Youth
04. Anna
05. Confident Men
06. Uptight
07. Chi-Town
08. Pure O
09. Back To The Bolthole
10. I Should Have Helped
11. Stalagmites
12. Like A Gift Giver
13. Butterflies
14. Arena Rock Encore With Full Cast
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015