ニュース

人気アイドル・グループと同棲!? 「U-KISSと私の365日記」Mobageにて本日よりサービススタート!

U-KISS   2013/03/21 16:56掲載
はてなブックマークに追加
人気アイドル・グループと同棲!? 「U-KISSと私の365日記」Mobageにて本日よりサービススタート!
 韓国・日本はもちろん、アジア・ヨーロッパ・北米・南米などで人気のアイドルグループ“U-KISS(ユー・キス)”をフィーチャーした実写恋愛シミュレーション・ゲームが本日21日にMobageからリリースされました。

 ユーザーがU-KISSメンバーの日本での活動をサポートする“お世話係”という設定で、なんと、ひとつ屋根の下での生活がはじまるというファンの期待感を裏切らない内容になっています。手料理をふるまったり、時にお忍びデートをしたり、収録現場やライヴの楽屋を訪れたり、ファンの知らないU-KISSのリアルな素顔に触れながら、メンバーと恋に落ちていくというドキドキ・ワクワクがとまらないストーリーに仕上がっています。

 本作にはU-KISSメンバー“スヒョン”“キソプ”“イライ”“フン”“ケビン”“ドンホ”が実写で登場。シナリオ中の画像やガチャで手に入るカード画像など、作品内で使用される写真は全て本作のための撮り下ろしとなっています。しかも衣装は、各メンバー6パターンあり、さまざまなシチュエーションを楽しむことができます。

 恋愛シナリオを読み進める機能の他にも、ゲーム内通貨を獲得するミニゲームや、アバターの魅力度を他ユーザーと競い合うバトル機能など、エンターテイメント性の高いコンテンツを搭載しており、U-KISSのファンはもちろん、従来の恋愛シュミレーションゲームユーザーも楽しめる内容になっています。

 メンバーのケビンは「約半年前の昨年秋に撮影を行なって、いよいよ皆さんに楽しんでもらえることができるということで、僕たちもとてもうれしいです!U-KISSのおうちにようこそ!一緒に楽しみましょう!」と自身も楽しみにしている様子。

 なお、2月16日より活動に完全復帰したU-KISSメンバー“AJ(エイジェイ)”も今後、本作のシナリオに追加される予定とのこと。

 U-KISSは、先月2月13日にNHKよる☆ドラ『書店員ミチルの身の上話』主題歌でもある、自身6枚目となるシングル「ALONE」をリリースしオリコン初登場4位を記録。今年夏には、自身3度目の全国ツアー「U-KISS ZEPP TOUR 2013(仮)」の開催が決定しています。

U-KISSと私の365日記
ukiss365.com

2013年3月21日(木)配信開始
基本プレイ無料(アイテム課金制)

上記URLにアクセスするか、「Mobageトップ」→「ゲーム」 →「恋愛」→「UKISSと私の365日記」からアクセスしてください。
※ゲームを遊ぶには「Mobage(モバゲー)」(mbga.jp)への会員登録が必要です。
※本ゲームは、ケータイとスマホのみ対応となります。

※お問い合わせ
株式会社パクレゼルヴ 03-5405-9951
10:00〜18:30(土日祝日除く)

U-KISS ZEPP TOUR 2013(仮)
www.u-kiss.jp/news/20130130.html
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015