CDJournal.comスタッフが選ぶ“2010年 私の上半期Best5”!

Miss Monday   2010/07/21掲載
はてなブックマークに追加
気付けば夏本番! フレッシュな感性の赴くままに、日々DIGし続けるCDJournal.comスタッフが選ぶ“2010年 私の上半期Best5”。1月〜6月までに発売された作品の中からセレクト&レコメン、被り一切なしという奇跡のラインナップをご覧ください。
(1)COSMOS/シャネルとホステス
(2)INNER TERRESTRIALS/BEST
(3)ドレイク/サンク・ミー・レイター
(4)シー&ヒム/ヴォリューム・トゥ
(5)HIRAGEN from TYRANT/CASTE
 タイトルだけで名盤確定な札幌ハードコア現在形(1)。サウンド(フィンガー5!)&リリックはもちろんですけど、アートワークの冴えっぷりもサイコーすぎる。来た! ロンドン生まれのアナーコSKAレジェンド! 対訳もじっくり読みふける(2)、ゆらゆら梅雨時ホリデイ・ミュージック(3)、激キュートなぼんやりさん(4)、グループでのフル・アルバムにも期待しっぱなしTYRANTよりHIRAGENソロ(5)、いつもご機嫌です。ABHINANDAEARTH CRISIS、LIP CREAM観てホント幸せ。(星)
 良作盛りだくさんで絞るのがとても大変でした。CDが売れないだなんだとネガティヴな話ばかりが行き交う音楽業界ですが、そんな事情にかかわらず素晴らしい音楽はたくさん生まれているのだとあらためて実感。そういう音楽がしっかり多くの人に届いてほしいなと思いながら選んだ5枚です。

 ほかに、ギル・スコット・ヘロンモーズ・アリソン(国内盤は7月発売)、ソロモン・バークら年長者の活躍も印象的でした。また、プロデューサー、ピーター・ケイティス(ザ・ナショナル、ヨンシーフライトゥンド・ラビットザ・スウェル・シーズンファンファーロなど)の好調ぶりも目立った気が。(と)
 サニーデイ・サービス新譜リリースのニュースは、今年前半のかなり心躍る出来事でした。やはりあの3人にしか出せない、淡く甘酸っぱい感じがたまりません。青春 is back!な(1)でした。ほか4枚もわくわく胸が打ち震えた作品ばかり。ジム・オルークのバカラック・トリビュート(3)は、数々の豪華ゲスト・ミュージシャンやアレンジの妙が面白く、アートワークも素敵すぎる一枚。これは絶対CDで持つ価値あり!(5)は、渋さ知らズでも活動しているジャズ・ピアニストの初リーダー作。黒っぽいフィーリングを持ちながらパワフルに展開していくオリジナルの楽曲は爽快感たっぷり。外へ、外へと発散していくエネルギー量は半端ないです。(木)
 いつにも増して、家でゆっくり音楽を聴く時間が取れなかったこの上半期……。シゴトとは別口で、時間と時間の隙間に、いつも肌身離さず聴いていたのが(1)〜(4)。自然派チェリストのブルネロ2度目となるバッハ無伴奏録音(1)と、ベザイデンホウトがムローヴァに負けず劣らず素晴らしい(2)は、ともに演奏者の自由な精神が聴く者の心を解放してくれます。(3)はジャケ写を見ているだけでもワクワク。(4)はPOPさを増してOL層ウケを狙ったものの、果たしてその成果やいかに? (5)はロストロポーヴィチ夫人主演の『チェチェンへ アレクサンドラの旅』が沁みました。それにしても紀伊国屋のDVD-BOX、出るもの出るものいちいちツボで、有難すぎます!(原)
 “2010年”と言われて今後まっさきに思い出すであろう作品が七尾旅人の(1)。規制のフォーマットやシステムに捉われることなく自らの手で表現の地平をガンガン切り開いていく彼の後ろ姿は、同時代を生きるミュージシャンはもちろん、今後現れるであろう新たな音楽の担い手たちに大きな気付きと勇気を与えてくれたはず。“ギターバンド”という既成概念を豪快にぶち壊し、多様なサウンド・アプローチに取り組んだアジカンの(2)や、星野源というアーティストが持つ底知れぬ才能を静かに伝える(3)、独自の進化を遂げて、もはや世界中のどこを見回しても似たようなバンドが見当たらない唯一無比の存在となったクラムボンの(4)、マヌ・チャオフェルミン・ムグルサといったアーティストと共鳴しつつも日本人としての自らのアイデンティを狂おしいまでに掘り下げた(5)も今年の上半期で強く印象に残った作品。(望)
 2010年上半期が過ぎて改めて思ったことは、“ここ数ヵ月、完成度の高い力作が多い”ということ。もう少し具体的に言うと、以前からもそうだったかもしれませんが、“制作者の意図や熱を感じられる”作品が増えてきたように思います。やはり聴き込んで、じっくりと分析しているものは特にそう思うわけですが、上記で挙げた作品はとくに素晴らしかった。アーティストの生き様や行動を追って、コンセプトを認識して、歌詞の言葉をなぞって……そこで初めてわかる深い感動もある、そう実感した5枚です。(清水)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015